綾野剛主演『オールドルーキー』第2話を彩る9歳のスケートボード選手は“異例の大抜擢”

TV 公開日:2022/06/30 5
この記事を
クリップ

綾野剛主演で毎週日曜よる9時から放送している日曜劇場『オールドルーキー』。7月3日(日)に放送する第2話を彩る豪華出演者として、9歳のスケートボード選手・牧村ひかり役に佐竹晃が決定した。



このドラマは、サッカー以外のスキルや経験が何もない、どん底に追い込まれた主人公の新町亮太郎(綾野剛)が、一生懸命に新たな目標に向かって生きるヒューマンドラマであると同時に、もう一度娘が誇れる父親になるために37歳の新人が奮闘する家族再生の物語である。数々の人気ドラマで丁寧な人物描写と温かい物語を作り上げてきた福田靖が脚本を担当する、完全オリジナルストーリーだ。





【第2話場面写真多数掲載】『オールドルーキー』綾野剛、天才スケボー少女めぐり窮地に


本作では、アスリートたちへのリスペクトと共にスポーツが持つ様々な魅力をリアルにお届けするため、実際のトップアスリートたちに緻密な取材を行っている。各話でスポットが当たるアスリートはさまざまだが、それぞれの選手に選手としての葛藤や、自身が所属しているスポーツマネージメントの話などを取材し反映している。また、Jリーガーを演じる綾野のサッカー監修に大久保嘉人の起用や、Jリーグ・日本サッカー協会など、“本物”たちからのサポートが、このドラマにリアルと迫力を与えている。


このたび、7月3日(日)に放送する第2話を彩る豪華出演者として、新町と深沢塔子(芳根京子)が社長から獲得を任された将来性のある9歳のスケートボード選手・牧村ひかり役に佐竹晃が決定した。


役柄と同じく9歳のスケーターで、キッズクラスの大会で優勝経験もある佐竹。スケートボードシーンの説得力を持たせるため、リアルなスケーターに芝居を教え込むかたちとなり、演技初挑戦にして日曜劇場でドラマデビューを飾るという異例の大抜擢となった。スケートボードで培った反射神経のおかげか、演技の飲み込みも早かったという佐竹。家族に支えられながらスケートボードを続ける姿はまさに今回の役と重なり、等身大の演技を披露している。将来を担うスケーター・佐竹による圧巻の“トリック”はもちろん、初々しくも堂々とした演技にも注目してほしい。


また、現役アスリートである、バドミントン混合ダブルス日本代表として活躍中の渡辺勇大/東野有紗ペア、アルペンスキーヤーの新井真季子の出演も決定。さらに、東京オリンピックのスケートボード女子パークで初代金メダリストに輝いた、世界に誇る日本のトップスケーター・四十住さくらも出演することが決定した。佐竹の師匠であり目標でもある四十住は、愛弟子の佐竹がスケートボードを始めた当初から練習を傍で見守ってきた。どんな役で出演するかは、放送を見てのお楽しみだ。今後も超豪華ゲストやリアルアスリートたちが多数出演。続報から目が離せない。


<コメント>
【四十住さくら】
今回は、作中のスケートボードの演出や、佐竹さんのキャスティングやブッキングなど監修のお手伝いから関わらせていただきました。出演者や制作スタッフの皆様と一緒に、この作品のメンバーの一員になれて楽しかったです。撮影本番まで佐竹さんの演技の練習などは一切見ていなかったんですが、撮影本番に向けた演技レッスンや、課題を出していたスケートボードの練習を経て、自分に自信を持てたんだなってことが伝わってきました。第2話は、スケートボードのお話ということで、一人でも多くの方がスケートボードに興味を持ってもらえるようなストーリーになっていると思います。ぜひ、ご覧になってください。


【編成・東仲恵吾】
天才少女スケートボーダーという設定の中で、スケートボードの技に説得力をもたせることが第2話の肝になると感じて、四十住さんや多くの方のお力添えで、(佐竹)晃ちゃんというダイヤの原石に出会うことができました。芝居は初経験でしたが、2か月以上猛特訓してくれました。何より晃ちゃんの飾らない演技がとてもリアリティをもたせてくれました。スポーツマネージメントの話ではありますが、スポットライトが当たるスポーツを本物にできるかどうかが大事だと考えているので、現役の方々が出演してくださるおかげで、より一層説得力のある作品にできております。


<第2話あらすじ>
新町(綾野剛)は高柳社長(反町隆史)から、塔子(芳根京子)と組んで9歳のスケートボード選手・牧村ひかり(佐竹晃)の獲得を任される。ひかりは全国大会で優勝したものの、まだ無名な小学生。今のうちにマネージメント契約を結んで青田買いすれば、大きな利益を生む可能性が高い。2人は早速ひかりの父親でコーチの悠一(桂宮治)を訪ねるが、悠一は取り付く島もない。その上、世界最大手のスポーツマネージメント会社もひかりの獲得に動き出す。窮地に追い込まれた新町たちは、どうするべきか悩む。そんな中、泉実(稲垣来泉)は相変わらずサッカーを辞めた新町を受け入れることができずにいた。新町もサッカーへの未練がまだ残っている自分に気付き、やるせない気持ちになる。同じ頃、梅屋敷(増田貴久)も悩んでいた。担当しているプロゴルファーの高槻(竹財輝之助)が極度のスランプに陥り、成績が下降していたのだ。高柳からなんとか回復させるようにプレッシャーをかけられるも打つ手がなく、困り果てていた。



■日曜劇場『オールドルーキー』
【放送日時】毎週日曜よる9:00~9:54
【主題歌】King Gnu『雨燦々』(ソニー・ミュージックレーベルズ)
【出演者】
綾野剛
芳根京子
中川大志
岡崎紗絵

増田貴久
生田絵梨花
稲垣来泉
泉谷星奈

高橋克実
榮倉奈々
反町隆史
【スケートボード監修】四十住さくら
【編成】東仲恵吾、高橋秀光

(C)TBS


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)