『オールドルーキー』綾野剛&横浜流星 先輩後輩の絆感じさせる仕草に「なんだその顔!」

TV 公開日:2022/06/29 21
この記事を
クリップ

俳優・綾野剛にとってTBS日曜劇場初主演作となるドラマ『オールドルーキー』の放送が6月26日21時よりスタート。25分拡大で放送された第1話には、サプライズゲストとして横浜流星が登場した。



第1話では事前告知なしのサプライズゲストとして横浜流星が登場。夢破れた主人公・新町(綾野)に対するスター選手・矢崎(横浜)の“秘めた思い”が視聴者の心をつかむ展開で、ラストで訪れた2人の関係性の変化には「最高です」「泣けた」と胸を熱くするファンが続出していた。(以下、第1話ネタバレあり)


所属チームの解散により、37歳にして突如現役引退を余儀なくされた元日本代表のJリーガー・新町亮太郎(綾野剛)は“スポーツマネージメント会社「ビクトリー」”で第2の人生を歩み始める。新町はビクトリーの若手社員・深沢塔子(芳根京子)とともに、ドイツで活躍するサッカー選手・矢崎十志也(横浜流星)とサポート契約を結ぶため動くことに。


横浜の登場は事前に告知されておらず、サプライズ登場となったためSNSは騒然。「油断してたから驚きすぎた!!」「え!?横浜さん!?」「いきなりで びっくりした」といった驚きの声があふれかえっていた。


横浜流星演じる矢崎の第一印象は悪役感満載だった。


プレゼンのために滞在先を訪れた新町と深沢を前にサングラスをとらず、ポケットから手を出しもしない。ソファにふんぞり返って足を組み、貧乏ゆすりまでしている。実にふてぶてしい。さらにサッカー選手ではなく会社員として自身の目の前に現れた新町に「新町さんこっちの人(裏方)になっちゃったんだ」とあからさまな落胆を見せる。さらにはサポーター契約を結びたい新町と深沢に対して無理難題を吹っかける。10年先輩であるはずの新町が委縮しているところからも、矢崎のキャラクター性が見えてくる。SNSでも「オラオラすぎるでしょ」「態度デカめ」「性格悪そ~~~~!!!」といった声があがっており、横浜の“悪役”ぶりに新鮮さを感じた人も多いようだった。

【画像】“オラオラ”な矢崎

【画像】練習に励む矢崎


しかしひょんなことから新町と一緒に焼肉を食べるシーンでは、矢崎はそれまでのふてぶてしさをひっこめた“オフ”の姿で登場し、新町のためにせっせと肉を焼くなど“可愛い後輩”としてふるまっていた。



2人の本来の関係性が垣間見えるシーンで「距離感たまんねぇよ」「絵面可愛くて大好き」など悶絶する声もちらほら。矢崎の強気で不遜な振る舞いが、実は競争の激しい海外で戦うために身につけざるを得なかった鎧だったと知った新町の、寂しそうな表情もぐっとくる。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 10件)

この記事に関連するコメント

プチトレンドニュース @putitrend 8月1日

『オールドルーキー』綾野剛&横浜流星 先輩後輩の絆感じさせる仕草に「なんだその顔!」 - ドワンゴジェイピーnews ツイートの続きはプロフのリンクからご覧になれます

プチトレンドニュース @putitrend 7月30日

『オールドルーキー』綾野剛&横浜流星 先輩後輩の絆感じさせる仕草に「なんだその顔!」 - ドワンゴジェイピーnews ツイートの続きはプロフのリンクからご覧になれます