『金田一少年の事件簿』オペラ座館の惨劇はファントムの仕業!?人気エピソードを初ドラマ化

TV 公開日:2022/06/26 8
この記事を
クリップ

なにわ男子道枝駿佑が主演を務める今夜22時30分より日本テレビで放送の『金田一少年の事件簿』は、「File07.オペラ座館ファントムの殺人」をお送りする。

「オペラ座館殺人事件」は「金田一少年の事件簿 File28 オペラ座館・第三の殺人」(講談社漫画文庫)の人気エピソード。ドラマ化は初となる。



醜い顔を仮面で隠した怪人ファントムが、美しい歌姫のために残虐な殺人事件を繰り返す、哀しくも恐ろしい物語「オペラ座の怪人」。その舞台を見るために、オペラ座館へやってきた 一はじめ達。しかしリハーサル中、劇団員のいずみ(石川萌香)が、落ちてきたシャンデリアによって死ぬ。この劇団には、かつて顔にやけどを負った姿でファントムを演じ、その後の不幸な運命により、ファントムと呼ばれた天才俳優、霧生(古川雄大)がいた。次々と起こるオペラ座館の惨劇は彼の仕業なのかと怯える劇団員。更にその影は剣持(沢村一樹)にまで及び、さらにヒロインのレオナ(山本舞香)が襲われるが―。地下迷宮で 一達が見たものとは...


更に今回、劇団「遊民蜂起」の団員役・湖月レオナ役に山本舞香、ミステリールポライター・白神海人役に戸塚純貴、音楽家・響静歌役に霧島れいか、元「遊民蜂起」の団員・霧生鋭治役に古川雄大など、個性豊かなゲスト陣と共にお届けする「File07 オペラ座館ファントムの殺人に期待したい。



『金田一少年の事件簿』「File07.オペラ座館ファントムの殺人」見どころ

一(道枝駿佑)達が、 舞台“オペラ座の怪人”を見るため、音楽家の響(霧島れいか)がオーナーをつとめるオペラ座館へとやってきた。ヒロイン役の人気女優、湖月レオナ(山本舞香)に会えることもあり美雪(上白石萌歌)も佐木(岩﨑大昇)も大喜び。

関係者によるレセプションの中、劇団を辞めた氷森(七瀬公)がレオナに接近するが、劇団員の三鬼谷(六角慎司)に激しく拒まれる。他の劇団員、いずみ(石川萌香)や城(増田昇太)も、レオナの引き抜きを異常に警戒していた。

やがてリハーサルが始まり、演出家の影島(コング桑田)の指示で、いずみがステージの中央に立つ。しかし次の瞬間、シャンデリアが落下し、いずみが絶命する...!ライターの白神(戸塚純貴)は、館に潜むファントムという怪人の仕業だと言う。その影は、剣持警部(沢村一樹)やレオナの前にも現れ、新たな惨劇が起こってゆく...。

実は 3 年前、この劇団には火事で顔に大やけどを負いつつも、ファントムを熱演した天才俳優、霧生(古川雄大)がいた。後の不幸な運命から彼はファントムと呼ばれていて...。全ては嫉妬に身を焦がしファントムと化した霧生の仕業なのかと怯える劇団員。オペラ座館の地下迷宮で一が見たものとは...!?

※本記事は掲載時点の情報です。