菅野美穂『ベイマックス』の“変わらない良さ”語る、新シリーズも日本版声優を続投

TV 公開日:2022/06/17 10
この記事を
クリップ

東京とサンフランシスコからインスピレーションを得た架空都市サンフランソウキョウを舞台に、壮大なスケールで描かれた『ベイマックス』(2014年)。ベイマックスの愛くるしいキャラクターをはじめ、家族の愛やベイマックスと少年ヒロの深い絆を描いた本作は、第87回アカデミー賞®で長編アニメーション賞を受賞、日本でも興行収入90億円を突破する大ヒットを記録し大きな話題を呼んだ。長きにわたって、映像作品以外にもアトラクションやグッズなどで爆発的な人気を誇るベイマックスの新たな冒険を描く、新シリーズ『ベイマックス!』が6月29日(水)よりディズニープラスで配信されることが決定。新たな物語に大きな注目が集まる中、ヒロの叔母・キャスの日本版声優として菅野美穂が続投することが決定した。




謎の事故で兄を失い、深い傷を負った天才少年ヒロの前に現れた、ケア・ロボットのベイマックス。兄によって生み出されたベイマックスは、瞳で心とカラダの健康状態をスキャンし、手はこすり合わせるとAEDに。1万通りの治療法がプログラミングされ、傷ついた人のSOSをキャッチできる優れた能力を持つが、戦闘能力はゼロ。そんなベイマックスが街の“お助けヒーロー”として活躍する新たな冒険がスタートする。


映画『ベイマックス』、テレビシリーズ『ベイマックス ザ・シリーズ』に続き、亡き両親に代わって甥っ子ヒロを育てる、母性愛に満ちた叔母・キャス役を務めることが決定した菅野。4年ぶりにキャスを演じる菅野は「ベイマックスはフランチャイズ作品なので、またシリーズが始まると思うとうれしいです、ありがとうございます!ディズニーランドでもアトラクションができたり、パレードにでてきたり、ディズニーの代表的な世界の一つになっているので、関わらせて頂けて幸運です」と、様々な形で長く愛されるベイマックスの活躍を描く最新作で、吹替声優として再び参加できることに喜びの思いを馳せる。


4年ぶりのアフレコ収録については「今回初めて事前に映像と合わせて練習できなかったので、以前の収録を思い返して準備しました。ようやく役を掴めてきたかなという所でアフレコが終わってしまいました(笑)」と振り返りつつも、「声はそれなりに年を取っていると思いますが、いざベイマックスの世界に入ってみると、世界観が8年も経っているなんて感じさせなかったです」と、収録を始めるとすぐにベイマックスの世界観に入り込むことができたという。


「8年経ってもベイマックスは、いつも安定したトーンで、不安な時にはその気持ちから遠ざけてくれて、寄り添ってくれる。穏やかで親しみやすいところは、変わらない良さですね」と、長い年月が経とうとも変わらない、ベイマックスの愛嬌溢れるキャラクターや、観客の心を温かく包み込んでくれる作品のトーン等、菅野自身もシリーズの魅力に改めて気づかされたとコメント。


最新作については「今回もベイマックスが、ヒロや友達と協力して、色々な問題を解決します。新シリーズならではの楽しみを是非味わっていただけたらうれしいです!」とアピールし、シリーズならではの魅力を残しつつも、純粋無垢なベイマックスが波乱万丈な”お助け“を通して魅せてくれる、新しい一面にも要注目だ。ディズニープラスオリジナルドラマシリーズ『ベイマックス!』は6月29日(水)16時よりディズニープラスで独占配信開始。


■新シリーズ『ベイマックス!』

6月29日(水)16時よりディズニープラスで独占配信開始

原題:Baymax!
監督:ディーン・ウェリンズ(Ep1、2、6)、リッサ・トレイマン(Ep3)、ダン・エイブラハム(Ep4)、マーク・ケネディ(Ep5)

© 2022Disney


※本記事は掲載時点の情報です。