生田斗真との歌舞伎、親友・尾上松也「ここで終わりじゃない」

TV 公開日:2022/06/17 4
この記事を
クリップ

俳優の生田斗真と歌舞伎役者の尾上松也が16日、都内にて開催されたNetflixドキュメンタリー『生田斗真 挑む』記者発表会に出席した。


本作は、新作歌舞伎に挑戦した生田の初のかつら合わせから公演を終えるまでに完全密着。未知の世界に挑む生田の葛藤や苦悩、親友との約束を20年越しで果たす友情物語、そして日本の伝統文化である歌舞伎の魅力を伝える内容となっている。


同ドキュメンタリーがNetflixを通して190以上の国と地域で放送されることを受け、生田は「20数年前、同じ高校に通ってましたから。学校の教室で松也くんが『斗真いつか一緒に歌舞伎やろうよ』って言ってくれて、僕はなんとなく『そうだねいいね、やろうよ』と答えたんですけど、まさかその舞台がこうやって実現するともその時は本当に思っていなかったです」と吐露。


続けて「こうやってNetflixのドキュメンタリーがついて世界中の方々に見ていただけるというのは、その時のことを思い出しても想像ができないというか、未だに実感がわかない感覚ではあります」と率直な思いを口にした。


また松也は生田について「僕が出演している歌舞伎の舞台はほぼ全部見に来てくれていまして。東京だけじゃなくて、東京以外の土地での公演も見に来てくれたりするんです」と告白。


その上で「普段から一生懸命努めているつもりではあるんですけど、彼が見ている時になると、その思いをより伝えたいという気持ちがばぁーっと出て、何度もこの人が見に来た翌日から声が出なくなった」と打ち明けた。


生田は「気合入ってるよね、いつも。俺が行くとね(笑)」と笑い、松也は「プロとしてはあるまじきことなんですけれども」と苦笑いを浮かべていた。


さらに生田への評価を聞かれると「“やり遂げた”という部分では間違いなく100点」と回答。その一方で「ただ、ここで終わりじゃないと思っています。この1回で終わらせるつもりで声を掛けたわけでもないですし、これからもなんらかの形で一緒になにかをやりたいという風に思っています」と語った。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 9件)