鈴木保奈美 板谷由夏 美村里江『家庭教師のトラコ』橋本愛&中村蒼と対峙する母親役に決定

TV 公開日:2022/06/14 5
この記事を
クリップ

日本テレビで7月20日より放送スタートする、新水曜ドラマ『家庭教師のトラコ』。脚本・遊川和彦×プロデュース・大平太の、数々のヒット作を生み出してきたコンビが描く新たな主人公は「合格率100%を誇る 謎多き家庭教師」トラコ。撮影も順調に進む中、主演の橋本愛とパートナーの福多役中村蒼が対峙する、3家3母子の母親役3名がこのたび発表された。


新聞社で働くママ・中村真希役に美村里江、定食屋を営むシングルマザー・下山智代役に板谷由夏、超富裕層の後妻ママ・上原里美役に鈴木保奈美。生活レベルも全く違う3人に共通するのは、『自分の子供を志望校に合格させたい』という切実な願い。つかみどころのない家庭教師・トラコの一風変わった授業方法に翻弄されながら、「正しいお金の使い方」と「人生」を学んでいく3人の母親たち。

毎週繰り広げられる「家庭の教師」トラコ(橋本愛)と実績&実力トップクラスの女優たちの火花は、はたして演技なのか?本気なのか?全く違うキャラクターの3家の母を演じる女優陣から、それぞれの役どころ、作品への想いについてのコメントが到着した。


<美村里江(中村真希役)コメント>

――今回の『家庭教師のトラコ』への出演が決まった時の印象を教えてください。
大平さんと遊川さんのタッグ作品には、いつも時代の流れにグッと爪を立てる骨太な要素があるので、役者として参加できるのが大変嬉しかったです。また、橋本愛さんのミステリアスな目元が役柄にピッタリと感じ、早くトラコ先生に会ってみたいと思いました。

――中村真希役を演じるにあたり、役作りなどで心がけていることはありますか?
各家庭の違いが興味深い部分ですが、中流家庭の人口が一番多いと思うので、なるべく共感されやすいよう心掛けています。上原家の保奈美さん下山家の由夏さんと母三人で会話する場面でも、工夫を続けたいです。

――トラコは「家庭の教師」ということですが、それぞれの家庭はどんな問題を抱えていて、トラコに解決してもらうのですか?
中村家には実は大した問題はないんですが、思い違いやすれ違いでちょっとズレている。その部分をトラコ先生が一風変わった手法で明らかにして、大きく家庭が変わっていく様子が爽快です。「家庭」教師の意味がよくわかります。

――トラコは、「教育方針には絶対口を出さない」「授業中は絶対覗かない」「授業の日はお宅に泊めて頂きます」の3つの条件を家庭教師を受ける条件にしていますが、ご自身のご家庭にトラコが来るとしたらどうですか?
教師を家に泊めるのは普通ならちょっとハードルが高いかなと思います。でも橋本さんなら嫌がる家庭はないはずです(笑)

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)