『やんごとなき一族』カオスすぎ…土屋太鳳&松下洸平の幸せムードぶち壊す台風の目

TV 公開日:2022/06/08 45
この記事を
クリップ

「混浴っていいですよね!」


ついに泉(佐々木希)が牙をむいた『やんごとなき一族』第7話。



※以下第7話ネタバレあり

佐都がご懐妊。さすがの圭一パパ(石橋凌)も「でかしたぞ、健太」と喜びを隠せない。佐都と健太のイチャコラシーンも倍増してますぞ。佐都の手を握りながら甘い言葉をかけるメガネ健太はソファーなのに、足を伸ばさずしゃがみこんでいるところが、いかにもプライベートっぽくてかわいらしい。おなかの音を聞こうと耳をおなかに近づけたところで、やってきたのは柴田理恵らが演じる“松竹梅三人衆”。「接吻なんぞはもってのほか」と、自分に甘えさせようとする柴田理恵に、げんなり。


深山家の子どもを産むために、佐都は覚えることがいっぱい。健太だって仕事の後で疲れているはずなのに、佐都の足を優しくマッサージ。息が詰まり過ぎて、その辺をダッシュしたいという佐都に、健太はメガネをかけて「(柴田理恵っぽく)なりません、ダッシュなんて」と。冗談だって忘れないのがチャーミング。


そして発覚したのが、泉の正体。美保子(松本若菜)から「健太さんの妻になりたくな~い?」と持ち掛けられても、つっぱねていたのに、どうして変わってしまったのか。健太の秘書としても完璧だったのに。まぁ、健太が優しすぎるというのもあるかもしれない。ちょっとした失敗を励まされ、勘違いしてしまったのだろう。これは健太が罪作りなのか、泉がおかしいのか。最初はちょっとしたことだった。出張前、佐都のもとを訪れ、健太のための出張の準備をしようとする。かばんの中には健太のためのパンツまで。そりゃぁ、佐都だって警戒して当たり前である。しかもお料理の先生から、泉の噂を聞いてしまう。その噂というのが、嫉妬、執着がすごくて恋愛にはクレイジーだとか。佐都の警戒度も大アップ。


健太の出張先でのこと。健太のお風呂シーンにニヤりとしていると「失礼します」とタオルを巻いて泉が入ってくる。しかも、社員と入っている健太のお風呂に。こんな美人が乱入してきたら、健太が慌ててしまうのも仕方がない。佐都が泉のSNSを見ると、後ろには健太のスーツケースが。すべて計算づくだろう。ホテルの部屋で目を覚ました健太の目の前には泉の顔がドアップ。こっそりカードキーを抜き取り、健太の部屋に潜入していたのだ。そのまま寝起きの健太にキス。ヤバ過ぎるっす、泉さん。

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 14件)