“狂気の悪役”上田竜也の衝撃ビジュアル解禁 犯罪組織のリーダー役、東山紀之と壮絶バトルも

TV 公開日:2022/06/08 5
この記事を
クリップ

東山紀之が主演する日本発の新感覚スパイアクション、Amazon Originalドラマ『GAME OF SPY』[(読み方:ゲーム・オブ・スパイ)(30分×全10話)6月24日(金)から、Amazon Prime Videoにてプライム会員向けに独占配信]にKAT-TUN上田竜也が出演していることが、衝撃のビジュアルとともに発表となった。



<世界一安全な国>と言われてきた日本も今は昔。テロ、諜報合戦、サイバー攻撃に張り巡らされた策略や罠、そして裏切りー。
本作は世界中の犯罪者からターゲットにされる日本を舞台に、依頼が入ると冷静かつ迅速に任務を遂行する法務省外局・公安調査庁に設置された極秘スパイ機関「GOS=Global Operation Service」の諜報員(スパイ)が、人知れずこの国を守るため活躍する姿を描いたスパイアクションエンターテインメント。


主人公の羽柴猛を本作が配信ドラマ初主演となる東山紀之。さらに小澤征悦ローレン・サイ植野行雄デニス)、でんでん松平健田中泯渡部篤郎ら豪華実力派俳優陣が出演。


さらにこの度、GOSに襲い掛かる新興犯罪集団“ファサル”のリーダー・景山透を演じたのがKAT-TUNの上田竜也であることが明かされた。


上田演じる景山透は関東一帯で勢力を拡大している新興の犯罪組織のリーダーで、日本を狙うテロ組織・ムンドに協力し、羽柴たちGOSのメンバーと壮絶なバトルを繰り広げる。銀髪&首にタトゥーを覗かせ、タバコを片手にベロを出し不敵な笑みを浮かべる衝撃のビジュアルで、実は先日解禁した予告映像でも狂ったように銃をぶっ放す姿がちらっと映り込んでいる。初共演の先輩・東山紀之相手に狂気の悪役を熱演した上田は「撮影が始まる前からワクワクしていた」とコメント。悪役として先輩・東山紀之率いるGOSメンバーたちとのバトルを繰り広げる本作が世界に配信されることについても喜びを感じているようだ。

▼予告映像はこちら

【関連】“スパイ”東山紀之の超絶アクション『GAME OF SPY』予告映像解禁


《上田竜也コメント》
今回、Amazon Originalドラマに出演させていただくことになりまして、とても嬉しく思います。役柄としては、悪役ということで、撮影が始まる前からワクワクしていたので、本番も楽しく撮影することができました。東山さんとの共演シーンは主にアクションシーンだったのですが、カットがかかる度に、体を起こすために手を差し伸べてくれて、すごくジェントルマンに対応していただきました。世界配信ということで、世界中の1人でも多くの方々に見てもらえたら幸いです。


<Story>
人知れずこの国を守る者たち<GOS>がいる——
日本が史上最大の危機に直面したいま、軍隊格闘と日本古来の忍者道具を融合させた、まったく新しい日本発スパイアクションが幕を開ける!

東京万博を三日後に控える中、総理官邸には国際テロ組織ムンドからテロ予告が届いていた。『3月1日正午、東京で大規模テロを行う。ターゲットは東京都民1400万人。ついに“デウスゲート”が開かれる』。“デウスゲート”=神の門とは?テロ組織“ムンド”の目的とは?

海崎総理から指令を受けた公安調査庁の高原は、羽柴猛率いる極秘スパイ機関「GOS=Global Operation Service」のメンバーを招集する。与えられた時間は72時間……羽柴達はムンドが日本国内で新型天然痘ウイルスを製造し大規模バイオテロを計画している証拠を掴むが、依然テロ組織の潜伏先を特定できずにいた。一方、今回のテロ予告の背景には日本の根幹を揺るがす『真の目的』があって——

果たして<GOS>はこの未曽有の危機を救うことができるのか?



■Amazon Originalドラマ『GAME OF SPY』
2022年6月24日(金)、Amazon Prime Videoにて、プライム会員向けに独占配信開始
※6月24日(金)#1~#4、7月1日(金)#5~#7、7月8日(金)#8~#10配信予定。
※英語、中国語、韓国語の3言語字幕で、8月1日より順次世界配信
【出演】
東山紀之 小澤征悦 ローレン・サイ 植野行雄(デニス) でんでん 松平健/田中泯/渡部篤郎

©東映株式会社

※本記事は掲載時点の情報です。