町田啓太&佐野勇斗、共通点は“真面目さ”「一緒にいてすごく安心します」

TV 公開日:2022/07/04 55
この記事を
クリップ

町田啓太フジテレビ系のドラマ初主演を務め、“やけっパチ”な自衛官候補生を熱演する青春ドラマ『テッパチ!』が7月6日(水)22時よりスタートする 。

中途半端な覚悟で陸上自衛隊の候補生となったが、過酷な訓練や仲間を通して成長していく“宙(ちゅう)”こと主人公・国生宙(こくしょうひろし)を、町田が鍛え上げた肉体で説得力を持って演じる。


宙の仲間、馬場良成を演じるのは、フジテレビ系連続ドラマ初出演の佐野勇斗。10キロ以上の増量をして臨んだ、心優しく真面目な好青年役で、町田とタッグを組む。


互いに“真面目”という共通点を持つ2人に作品の見どころや互いの印象を語ってもらうと、2人は初共演とは思えない相性抜群の掛け合いを見せながら、楽しそうに撮影の裏側を明かしてくれた。

『テッパチ!』は暑苦しすぎて、逆に涼しい?


──まずは今作の印象をお聞かせください。


町田:台本を読んだ時に、夏に本当にぴったりで、暑苦しくも清涼感の漂うドラマになるんじゃないかなと思いました。オリジナルドラマなので、佐野くんをはじめキャストの皆さんやスタッフの皆さんとディスカッションしながら、ひとつひとつのシーンを作り上げています。暑苦しすぎて、逆に涼しく見てもらえるんじゃないかなと感じています(笑)。


佐野:自衛官候補生役のみんなは体作りにすごく励んでいます。みんなで筋トレの方法を探り合ったりして、刺激し合いながら撮影に臨めているなと思うし、その雰囲気も画に現れるんじゃないかなと思っています。個人的には僕はトランペットを吹く役でもあるので、そちらも頑張って練習をしています。


──お2人ともガッシリされた印象です。


町田:最初に会ってから1ヶ月経たないくらいだと思うけど、その頃に比べるとみんな、体付きが全然違うよね。初めて会った時から筋トレの話をしていました(笑)。今回の作品は防衛省さんが全面協力してくださっているんですが、実際の陸上自衛隊の方とお会いすると、やっぱり体つきが違うんですよ。完全に“動ける体”。ドラマなので、何年もかけられるわけじゃないですが、訓練に耐えられる体作りはしないといけないし、しっかり熱も込めていきたいというのはそれぞれ思っているんじゃないかなと思います。


町田啓太、自衛隊の生活様式に「懐かしいな」


──自衛官候補生役を演じてみていかがですか。


町田:実は高校時代に寮生活をしていたんですが、その寮が自衛隊の様式を基にした規則正しい生活を送る場所だったので「懐かしいな」という思いがありました。撮影で駐屯地に行かせてもらったりもしますが、その整理整頓されまくっている感じにも懐かしさを覚えましたね。


佐野:自衛官の皆さんからすれば当たり前だと思うんですけど、訓練を朝から夜まで毎日やっているんですよ。初めにスケジュールを聞いた時には驚きました。さらに実際に訓練の1日を体験させてもらって、身をもってその大変さを痛感しました。そりゃこれだけきつい訓練をやっていたらあの体が出来上がるよな、とも思いましたし、もっと頑張らなきゃ、とも感じました。

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 16件)