玉木宏と高山一実が『オモウマい店』にゲストで登場、番組初上陸 秋田県の食堂を紹介

TV 公開日:2022/06/07 7
この記事を
クリップ

今日19時の『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』のゲストは玉木宏高山一実。本日の放送では、「約20個唐揚げも巨大チキンカツも…全定食38種 破格の500円!」「高級刺身おかわり自由 700円!」といった、“オモてなしすぎでオモしろいウマい店”が登場する。



番組初上陸となる、秋田県・能代市で見つけた小さな食堂。70代の女性店主が切り盛りするこのお店で、特に人気なのは“から揚げ定食”。唐揚げ約20個が載った特大ボリュームにも関わらず、値段はたったの500円。ほかにも、約300gもの鶏モモ肉をカラッと揚げた“チキンカツ定食”、分厚いカツが食べごたえ抜群の“カツ丼”、鳥皮約90切れがドドンと盛られた“鳥皮定食”など、店の定食全38種類が、どれもワンコイン500円で食べられる。また店主手作りのサンドイッチは1個100円で、これをテイクアウトするお客さんも多い。常連客に「かあちゃん」と呼ばれ親しまれている店主は、秋田県で初めて取材されるお店になったことに大喜び。「これを映してもらいたい」とスタッフの元に持ってきたあるモノとは。


茨城県筑西市にある居酒屋さん。お店の自慢は“刺身定食”で、相場が一匹約3,000円というマツカワカレイや、キンメダイといった高級魚に加え、イナダ、スズキ、マトウダイ、ホウボウなど、市場で仕入れた茨城県産の新鮮な魚を日替わりで提供。計23切れものって、他の店で食べたら1皿2,000円ほどだというが、この店ではたったの700円。さらに驚くことに、刺身自体が60分おかわり自由の大盤振る舞い。また、常に5~6種類常備されているお惣菜、ご飯、お味噌汁もおかわり自由。


ほかにも朝6時から“釜揚げシラス丼”を300円の破格で提供する。今年還暦を迎えたオーナーだが、何事にも精力的で、モットーは「挑戦」。700円で刺身定食を提供するのも、朝から夜遅くまで提供するのも、新鮮な魚を仕入れにはるばる片道約60kmの市場へ毎日車を走らせるのも、すべて挑戦だと語る。そんなお店で取材を続ける中、店主とディレクターがマブダチの関係になる!?


■『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』

6月7日(火) 19:00~19:54

(C)日本テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 11件)