『未来への10カウント』西条桃介(村上虹郎)が演劇部に!?非情な運命に心配の声続々

TV 公開日:2022/06/02 9
この記事を
クリップ


高校1年生の西条に突如襲いかかった非情な運命に、心をかきむしられるボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)。桐沢は感情的になる葵をなだめ、西条と一緒にボクシングをしたいという部員たちにも「現実を受け止めろ。どうにもならないこともあるんだ」と告げる。だが、そんな桐沢もまた心の奥では、網膜剥離でボクシングを諦めざるを得なかった学生時代の自分と西条を重ね合わせ、やり場のない複雑な感情に苛まれていた…。しかもここへ来て、亡き妻・史織(波瑠)の兄・井村和樹(石黒賢)の後押しで、かつて閉店を余儀なくされた焼き鳥店再開の目処が立ち始めていた桐沢は、人生の選択にも迫られていたのだ。店を再開するとなれば、新たな生き甲斐となっていたコーチを続けられないかもしれない――。桐沢の心は人知れず、激しく揺れ動き…。

そんな中、西条がまるで吹っ切れたような笑顔を浮かべ、演劇部に入部したことを桐沢と葵に報告する。早々に気持ちを切り替えた西条のことが引っかかり、練習に集中できないボクシング部員たち。だが、残されたメンバーだけで宿敵・京明高校に勝ち、インターハイに出ることだけを考えるよう桐沢から鼓舞された彼らは、気合を入れ直し練習に励む。しかも、その様子を西条が覗き見していて…!?




予期せぬ人生の岐路に立たされる中、やがて新たな未来に向かって“大きな決断”を下す桐沢と西条。一方、密かに桐沢への恋心を募らせていた葵も、ついにその想いを開放する時が…?

第8話の予告が公開されると「診断が間違いだったらいいのに…」「西条が演劇部!?ボクシング辞めちゃうの…」と西条を心配する声が続々と。他にも葵が桐沢に「圭太(川原瑛都)の…お父さんになってもらえませんか? 」と告白するシーンも公開されており、「この二人もどうなっちゃうの!?」「大人の恋もハッピーエンドになってほしい!」と反響が寄せられている。


怒涛の展開が予想される『未来への10カウント』第8話も見逃せない。



2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 25件)