永瀬廉主演『新・信長公記』ヒロインは山田杏奈、武将に振り回される普通の女子高生役

TV 公開日:2022/05/30 6
この記事を
クリップ

山田杏奈が、永瀬廉主演の7月期日本テレビ系新日曜ドラマ『新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~』に出演することが発表された。

本作品は、織田信長、徳川家康、豊臣秀吉ら誰もが知る戦国武将のクローン高校生たちが大集結した、とんでもない学校を舞台に、クセ者揃いの英雄たちが、学園のてっぺん目指して大暴れするストーリー。



【関連】King & Prince 永瀬廉、7月期ドラマ『新・信長公記』で織田信長に「ワクワクする物語」 



物語の中で、山田が演じる日下部みやびは、戦国武将が居並ぶクラスで唯一、武将じゃない普通の女子高生。強烈な個性を持った武将たちが繰り広げる学園天下取りの中で、みやびは学級委員長として時に振り回され、時に堂々と渡り合っていく役どころ。演じる山田は「私自身も、みやびの通う銀杏高校どんな高校になっていくのか本当にワクワクしています!」と語っている。


みやび役の山田は今クール、『未来への10カウント』(テレビ朝日系)での一途にボクシングに向き合う正統派な高校生から、『17才の帝国』(NHK 総合)での総理補佐官を務める高校生までふり幅の大きなキャラクターを演じ分けている。そんな彼女が、7月から始まる本作品で「クラスメイトが全員戦国武将」というハチャメチャな環境に身を置いて果たしてどのような表情を見せるのか、そして「クローンたちとヒロインの温かな成長物語」にも期待したい。



山田杏奈 コメント(日下部みやび役)

Q.ドラマのオファーを聞いた時、また台本を読んでの感想を聞かせて下さい!

台本、原作を読ませて頂いて、「戦国武将が高校生になる」という、新しい設定、新しい世界観にとにかくワクワクしました!また、キャストの皆様が本当に豪華で個性豊かな方ばかりが集まっているので、これから現場でご一緒出来る事を楽しみにしています!


Q.織田信長を表す「鳴かぬなら 殺してしまえ ほととぎす」にちなんで、山田さんご自身の「鳴かぬなら ○○しよう ほととぎす」を教えて下さい!

「鳴かぬなら まぁ鳴かなくてもいいよ ホトトギス」です(笑)頑張ってもどうにもならないことはあるから、こちらの諦めるスタンスも大事かな?...みたいな感じです!ゆるっとした気持ちでいれば、何でもいいんじゃないかなって思います(笑)


Q.視聴者へメッセージをお願いします!

私自身も、みやびの通う銀杏高校がどんな高校になってしまうのか本当にワクワクしながら、お芝居をさせていただいています!個人的にはみやびの、ちょっと古風な口調にも注目していただけたらと思います。精一杯皆さんに、楽しんでもらえるように頑張っていくので、ぜひ、楽しみにしていてください!


プロデューサー・中山 喬詞(読売テレビ) コメント

皆さん、ちょっとだけ想像してみてください。大切な青春時代を過ごす高校のクラスメイトが、もし全員戦国武将だったら...ひょっとしたらワクワクするかもしれないし、不安でいっぱいかもしれない...そんな今まで見たことないヒロインを演じていただくのが山田杏奈さんです。

歴史を学ばない時代に歴史が大好きで、剣道を好む芯の強い女性、でもはんなりとした麗しい女性らしさもある。そんな清らかでチャーミングなみやびは、透明感に溢れ澄み切った山田さんに本当にピッタリです。紅一点の学級委員長として、摩訶不思議なクラスをまとめようとするも、魑魅魍魎の戦国武将たちに振り回されてばかり...永瀬さん演じる信長に「貴様、うつけか」と言われながらも、ピュアな思いで健気に、武将たちに立ち向かっていくひたむきな様は、誰もが応援したくなるはずです!

はたして戦国時代真っ只中の高校に青春はあるのか!?山田さん演じるみやびと武将たちの熱き夏の陣が幕を開けます!

※本記事は掲載時点の情報です。

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント