『未来への10カウント』西条(村上虹郎)が隠す“真実”とは、ボクシング部が決裂危機に

TV 公開日:2022/05/26 6
この記事を
クリップ

木村拓哉が主演を務めるドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日、午後9時~※拡大スペシャル)の第7話が26日に放送される。

第6話では、校長の大場麻琴(内田有紀)が宿敵・京明高校との練習試合を取り付けて来てしまい、大半の部員はビビりながらも練習に勤しんでいた。そんな部員に対し、桐沢は練習試合のメンバーをスパーリングで決めると宣言。桐沢が相手となり、1人1分の制限時間を設け、部員たちとスパーリングを開始する。

1人1回ずつのスパーリング…かと思いきや、桐沢は部員が一巡すると「次!」と叫び、7人の部員を相手に連続で延々とスパーリングをする。この桐沢と部員たちの熱いスパーリングシーンに「胸が熱くなりました」「迫力のあるシーンに手に汗握りました」「みんなの気持ちがビシバシ伝わってきて感動した」「限界まで頑張る姿に心打たれた」と反響の声が上がっている。




しかし、ラストで不穏な空気が…。部内一の実力を持つ1年生・西条桃介(村上虹郎)と友部陸(佐久本宝)は同じバンダム級のため、練習試合にはどちらか一人しか出られない状況だった。そのため、桐沢はスパーリングを経て練習試合に出場する生徒をして友部を選抜したのだが、その結果を不満を感じていた西条は練習試合当日、試合会場に姿を見せなかった。西条は一体どこへ…?

桐沢らボクシング部一同が試合会場へ向かう中、時同じくして西条がかったるそうに街を歩き、柄の悪そうな上級生とぶつかってしまう場面が描かれ、第6話は幕を閉じた。


すでに公開されている第7話予告では西条が暴力事件を起こしてしまうことが描写されており、葵(満島ひかり)が西条に対し「ボクシング部員が人を殴るなんて…!」と問い詰めるシーンも…。そんな状況下で桐沢は「本当のところはわからないじゃないですか」と冷静な様子。桐沢は西条が何かを隠しているのではと思い、真相を確かめようとするのだが、予告編の最後には西条が頭を抱えて倒れてしまうシーンも…!一体西条は何を隠しているのか?そして桐沢はボクシング部最大のピンチにどう対応するのか。今夜放送の第7話を楽しみに待ちたい。



1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 22件)