なにわ男子・大橋和也「不安はありません!」主演ドラマの親友役に藤原丈一郎&小島健

TV 公開日:2022/05/26 6
この記事を
クリップ

なにわ男子の大橋和也が主演を務める7月スタートの日本テレビ「シンドラ」枠で放送の『消しゴムをくれた女子を好きになった。』(毎週月曜24:59〜※日本テレビ、Hulu・TVerでも配信)に、藤原丈一郎(なにわ男子)&小島健Aぇ! group/関西ジャニーズJr.)の出演が決定した。さらに、主題歌もなにわ男子が担当することが発表された。


本ドラマは、大橋が演じる福田悠が、中学2年の時、隣の席に座る女子・さとみがシャーペンの芯を切らして困っていたのを見かね、自分のシャーペンの芯ケースをそっとさとみの机の上に置いたことからはじまる、実話をもとにした笑いあり涙ありの13年間の青春ラブストーリー。

ドラマのひとつのテーマとなるのが、13年間に及ぶ男3人の友情。中学生から社会人に渡る13年間、“運命”と呼びたくなるような再会と別れを繰り返しながら、さとみに片思いをし続ける主人公の福田悠。そして、そんな福田をずっと支える親友2人との男同士の友情にも注目したい。




藤原が演じるのは、福田の小学校からの親友の板倉和希。テンション高めのお祭り男だが、実は、人を細かくケアできる優しい男。小島が演じるのは、福田と板倉とは中学生から親友になる森友彦。少女漫画とカメラが好きな何があっても動じない我が道をいく性格。森の何気ない言葉が親友2人を救う。眼鏡をはずすと実はイケメン。バカ話をしたり、好きな女の子の話をしたり、時にケンカをして涙したり…中学生から社会人まで、その時代ごとの青春を過ごす3人の男同士の絆にも注目だ。


主人公・福田悠を演じる大橋は、「親友役がこの2人だと予想が当たった人はいますか?当たった人には大橋賞を授与します!」とおどけながらも、「普段から仲の良い2人なので、そのままの雰囲気を出していきたいです!不安は・・・ありません!」と自信をのぞかせた。さらに、主題歌はなにわ男子が担当する事も決定。「このドラマの主題歌がなにわ男子の曲になってめちゃくちゃ嬉しいです!!!!!!!純粋な感情で恋愛を表現する1曲となっているので、ドラマと一緒にこの曲も皆さんの心にズキュンと届けたいと思います!!!」と主題歌決定にも喜びを爆発させた。後日発表されるヒロイン、そして主題歌の続報にも期待したい。



藤原丈一郎(なにわ男子)コメント

板倉の持っている真っすぐさや熱い部分は自分にも共通していると思いますし、彼のもつユーモラスな部分が魅力だと思うので、そこを大事に演じていきたいです。「懐かし~」「わかる~」と共感できる部分がたくさんある脚本で13年間演じるのがとても楽しみではありますが、中学生を演じるのが・・・声変わりしてるかな?とか、テンションやトーンはどの辺りかな?とか探りながら、思い出しながらお芝居できらたと思っています。また、普段から一緒にいる大橋、プライベートでも仲の良い小島と共演できることもとても楽しみで、普段の仲間感をそのまま芝居に生かしたいです。実話を基にしたドラマだからこそ、皆さんの予想をいい意味で裏切る展開が待っていますので、それぞれに共感できる部分を見つけていただきながら一緒にドラマの世界を楽しんでいただきたいです!



小島健(Aぇ! group/関西ジャニーズJr.)コメント

憧れの人でもある大橋君、昔から仲良くさせていただいている藤原君と一緒に初めての連ドラに出演させていただくなんて・・・最初ドッキリかと思いました!それくらい嬉しく、ちょっと不安でもありますが、2人を頼りにして楽しみたいと思っています。僕が演じる森は、掴みどころがあるようで無い、リアリティーとフィクションの丁度狭間を行くキャラクター。そんな彼をどう演じていくか、人間観察をしたり、当時の自分を思い出したりしながら想像を膨らませています。誰しもが共感できるドラマだと思うので、その魅力を100%視聴者の皆さんに伝えられるよう頑張っていきますので、是非楽しみに待っていてください!








    









※本記事は掲載時点の情報です。