南沙良 大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に初登場、成長した大姫に反響「それにしても美しい」

TV 公開日:2022/05/22 3
この記事を
クリップ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に南沙良が初登場。今回が大河ドラマ初出演となる南沙良は源頼朝(大泉洋)と政子(小池栄子)の愛娘で義時の姪にあたる大姫役を演じる。


南沙良は第20回「帰ってきた義経」の冒頭から登場。SNS上では「かわいい!」「それにしても美しい」、「テンション上がった」など大姫姿での登場に盛り上がりを見せている。


本作は61作目の大河ドラマで三谷幸喜が脚本を手掛ける予測不能エンターテインメント。タイトルの「鎌倉殿」とは、鎌倉幕府将軍のこと。主人公は小栗旬演じる鎌倉幕府2代執権・北条義時。源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした義時。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。新都鎌倉を舞台に繰り広げられる、パワーゲームの中、源頼朝の愛娘で義時の姪にあたる純朴な大姫は父の野望に巻き込まれていく。南沙良演じる大姫は、頼朝の思惑のなか、どうなってしまうのか。今後の展開が気になるところだ。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)