「何事?」「怪しすぎる」“匂わせ”で話題騒然、新ドラマ『教祖のムスメ』6月スタート

TV 公開日:2022/05/20 9
この記事を
クリップ

MBSドラマ特区枠で6月2日(木)より、新ドラマ『教祖のムスメ』が放送スタートする。



学園サイコサスペンス『教祖のムスメ』

本作は、突如転校してきたミステリアスで美しい女子高生をきっかけに、同級生の双子の兄妹や生徒たち、そしてその家族までもが、疑惑と混乱の渦へと知らず知らずのうちに巻き込まれていく、学園サイコサスペンス。コンテンツスタジオstoryboardが企画・制作する完全オリジナルドラマだ。


主人公は、ミステリアスで美しい転校生・桐谷沙羅(きりたに・さら)。突如、沙羅が転校してきたことで、学校の“闇”が暴かれ始め、いじめがなくなり、ある女子高生は絶望から救われるが…。沙羅の本当の狙いは、何なのか―。ストーリーを象徴するような、怪しげな表情と一筋の光が印象的な、ポスタービジュアルが解禁。


「どんな嘘でも、誰かが信じたらそれはひとつの真実になる」ドラマのキーワードとなる、この言葉の意味、そして嘘に隠された真相とは―。


高校生役に最旬キャスト集結

ミステリアスで美しい主人公・桐谷沙羅役には、ドラマ『卒業式に、神谷詩子がいない』主演や、映画『女子高生に殺されたい』に出演ほか、Seventeenモデルとしても活躍する最注目の女優・茅島みずき。沙羅と同じクラスの湯田一真役には、ドラマ『恋する母たち』や映画『モエカレはオレンジ色』出演と、ブレイク必須の若手俳優・藤原大祐。一真の双子の妹・湯田いちか役には、ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』や短編映画『冬子の夏』主演など、今後の活躍が期待される女優・豊嶋花。いちかの同級生・中野亜紀役にはSNSの総フォロワー数250万人を超え、ドラマ『ファイトソング』や映画『君が落とした青空』など立て続けに出演する女優・莉子。亜紀の親友・黒沢美優役には、小栗有以AKB48)。一真の友人・本間拓実役には、池田優斗。そして、一真といちかの父親・湯田正広役には、萩原聖人が決定した。


「何事?」「怪しすぎる」“匂わせ”で話題沸騰

16日には各キャストのSNSで一足先に、謎のロゴと数字の暗号が一斉に投稿され、「何事?」「怪しすぎる」「宗教!?」「乗っ取られたかと思った」など話題騒然。本日の解禁で、これが本ドラマの匂わせ施策であったことが明かされた。


演出は、『グッド・ドクター』や『恋仲』など、時代を捉えた緻密な心理描写とキャッチ―な映像美で数々の名作ドラマを誕生させている超実力派・金井紘。この夏、息も詰まる予測不能な学園サイコサスペンスに期待が高まる。


登場人物・キャストコメント

桐谷 沙羅 /きりたに さら (演:茅島みずき)
18歳。突如転校してきた、ミステリアスな女子高生。湯田家になぜか関心を持っている。

<茅島みずきコメント(全文)>
桐谷沙羅役を演じさせて頂きます、茅島みずきです。最初に台本を読んだ時、ヒステリー、殺意、狂愛など様々ものを感じ、とてもゾクゾクしたのを覚えています。予想外な展開ばかりで読む手が止まりませんでした。今まで演じたことのないキャラクターなので戸惑いや不安はありますが、監督や共演者の皆さんと相談しながら素敵な作品にできるように精一杯頑張ります。


湯田 一真 /ゆだ かずま (演:藤原大祐)
18歳。スクールカースト中下位の高校生。双子の妹・湯田いちか(豊嶋花)がいじめられているが、何もできずにいる。人を信じやすいところがある。

<藤原大祐コメント(全文)>
この作品は万華鏡のような作品だと思います。それぞれの立場によって異なる見え方があって、答えが有限ではないからこそ異なる正義が振りかざされて。それぞれが衝突することで真相は闇に消えていく…。「真実と嘘」という、いつまでも僕らを付き纏う心の明暗をテーマに、白でも黒でもない曖昧な感情にさせられる作品になっていると思います。最後までドキドキハラハラ楽しんで頂けたら嬉しいです。


湯田 いちか /ゆだ いちか(演:豊嶋花)
18歳。スクールカースト下位の女子高生。黒沢美優(小栗有以)からあることを理由に脅迫されており、人生に希望を見出せなくなっている。真面目な優等生。

<豊嶋花コメント(全文)>
いただいた企画書を読んだとき、“今まで演じたことのないような世界観の作品”だと思い、早く挑戦したいと撮影が始まる前からワクワクしていました。いちかは純粋で素直だからこそ、周りの人たちに振り回されてしまいます。沙羅との関わりによって良くも悪くも変化していくいちかを、精一杯演じたいと思います。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 17件)