土屋太鳳×松下洸平『やんごとなき一族』ノベライズ発売決定

TV 公開日:2022/05/19 9
この記事を
クリップ

2022年4月クールのフジテレビ木曜劇場やんごとなき一族(上・下巻)』ノベライズの発売が決定。

2022年4月からO.A.されている木曜劇場『やんごとなき一族』。主演・土屋太鳳、そして松下洸平が共演しており、土屋はフジテレビ系連続ドラマ&木曜劇場初出演にして初主演。また、松下と共演するのは今作が初めてという事で注目を集めている。


原作は講談社『Kiss』で連載中の、こやまゆかり氏作の同名コミック。庶民の家庭から上流社会の一族に嫁ぐことになった主人公が、理不尽な一族のしきたりや親族内の複雑な人間関係に翻弄されながらも、夫とともに真正面から立ち向かい奮闘する“アフター・シンデレラ・ストーリー”をお届けしている。今回話題作の、ノベライズ化が決定。上・下巻2冊に分けて刊行する。


【本書内容】

主人公・篠原佐都は母とふたりで、下町の大衆食堂『まんぷく屋』を切り盛りしていた。そんなある日、佐都は、2年間交際してきた深山健太にプロポーズされ、喜んで受け入れる。


だがそのあとに、健太が江戸時代から400年以上続く名家の御曹司であることを知った。健太の父・圭一はふたりの結婚を決して認めようとはせず、佐都に健太と縁を切るよう促す。「自分とは住む世界が違う」と別れを切りだした佐都だが、健太は決してあきらめず、めでたくゴールインするが……。


王子さまに見初められたシンデレラは果たして本当に幸せに暮らせたのか……?


【関連】『やんごとなき一族』松下洸平、カッコよさと可愛さの絶妙なさじ加減にハマる


【作品情報】

『やんごとなき一族(上巻)』

・定価:935円 (本体 850円 + 税) ・判型:文庫判 ・頁数:276ページ
・原作/こやまゆかり 脚本/神森万里江ほか ノベライズ/蒔田陽平
・発売日(予定):2022年5月20日 ・発行:扶桑社刊


『やんごとなき一族(下巻)』

・定価:未定 ・判型:文庫判 ・頁数:未定
・原作/こやまゆかり 脚本/神森万里江ほか ノベライズ/蒔田陽平
・発売日(予定):2022年7月1日 ・発行:扶桑社刊


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)