萩原利久&八木勇征『美しい彼』映画化決定に喜び 「みなさんのおかげ」とファンに感謝

TV 公開日:2022/05/17 21
この記事を
クリップ

俳優の萩原利久FANTASTICS from EXILE TRIBE八木勇征が17日、都内で行われたドラマ『美しい彼』DVD・Blu-ray BOX購入者特典イベントに出席した。


萩原と八木W主演で2021年11月からMBSドラマ特区枠で放送され、大反響を呼んだ本作。劇場公開中『流浪の月』の著者である“凪良ゆう”による男子学生の初恋を丹念に描いた、むずがゆくも甘酸っぱい青春ドラマで、放送終了後もSNSでは、引き続き「#美しい彼」がトレンド入りを果たしたり、「#美しい彼続編希望」の声が国内外から上がっている。




本作で印象に残っているシーン1位に、打ち合わせなしでそれぞれ同じシーン(お互いに好きだとわかる夜の教室のシーン)を挙げた2人。萩原は「ちょっとはずしたつもりだったんですけど合っちゃいましたね」といい、八木も「(答えが合うとは)思ってなかったです。利久はこれを選ぶだろうなと思って、(別の)これを選んだんですけど」とシンクロしたことに驚いていた。


また、自身にとって本作はどんな作品になったか尋ねられると、萩原は「放送中からInstagramなどでたくさんコメントをいただいたり、『見たよ』って言ってもらえたりして、作品を撮ってそれが放送されて見てもらえたという実感がすごく湧いたというか、こんなにたくさんの方が見てくれていたんだなというのが形として目にすることができて、届いているということはこんなに嬉しいことなんだって認識させてもらった作品だったなと思っていますね」と感慨深く語り、八木は「僕自身、初めてW主演という形でドラマに出演させてもらったんですけど、このチームが初めてでよかったなって心から思える作品でしたし、僕は今後もお芝居を続けていきたいと思っているんですけど、初めて経験したことは今後、一生思い出に残るし、ずっと覚えているだろうなって思いますね。そういう作品です」と吐露した。


イベントでは、出されたお題に対して答えを合わせるシンクロゲームや、ジェスチャー当てゲームなどを行い、ファンを楽しませた2人。ジェスチャーゲームの最終問題では、萩原が謎の動きをし、八木は答えることができなかったため、その答えがスクリーンに映し出されることとなったが、そこには“美しい彼 祝映画化決定!”の文字が。このサプライズ発表に、観客からは歓声と拍手が起き、2人も大喜びした。


改めて、映画化決定の感想を聞かれた萩原は「本当にこの発表ができることがとても楽しみにしていました。放送中からたくさん見てくださったみなさんがお声を出してくれたり、発信してくださったおかげです。(ドラマの)撮影が終わったときに、勇征くんと『続編やりたいね』って言っていたんですけど、みなさんのおかげでこんなに早く続編ができることができました。本当にありがとうございます!」と感謝し、八木は「このお話をいただいたときは本当に嬉しかったですし、たくさんの方に愛していただけている作品だと思いますので、こうやって映画化できるのもみなさんのおかげです。そして僕自身も清居奏を演じられることに改めて心から感謝していますし、すごく嬉しいです。また『美しい彼』の世界に僕も浸れることができることが今から楽しみでしょうがないです。みなさんも楽しみにしていてください」と笑顔を見せた。


映画では、両思いに一歩進んだ平良一成(萩原)と清居奏(八木)のその後が描かれる。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 38件)