TBS 7月期火曜ドラマは永野芽郁主演 CEO演じる“大人の青春物語”『ユニコーンに乗って』

TV 公開日:2022/05/17 3
この記事を
クリップ

TBSでは7月期の火曜ドラマ枠で、大北はるかが脚本を手掛ける完全オリジナルストーリー『ユニコーンに乗って』を放送。永野芽郁が主演を務めることが明らかになった。



7月スタートの火10ドラマは『ユニコーンに乗って』

本作は、教育系スタートアップ企業の若き女性CEOのもとに、ある日突然、自分の会社の雰囲気とは全く異なるおじさんサラリーマンが部下として転職してきたことで、仕事に恋に奮闘しながら、夢に向かって真っすぐ生きる主人公たちの成長を描く “大人の青春”ドラマだ。


永野芽郁がTBSドラマ初主演

このたび、本作の主人公でスタートアップ企業の女性CEO・成川佐奈(なるかわ・さな)役を、TBSドラマ初主演で民放GP帯ドラマでは初の単独主演となる永野芽郁が演じることが決定。


永野は子役時代から数多くの作品に出演し着実にキャリアを重ね、NHK連続テレビ小説半分、青い。』(2018年)ではヒロインを演じ、第27回橋田賞新人賞を受賞。その後も多くの人気ドラマ・映画に出演し、直近では映画『そして、バトンは渡された』で第45回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。また、同作および映画『地獄の花園』でも第46回報知映画賞主演女優賞と第6回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞している。勢いはとどまるところを知らず、老若男女から愛される存在だ。


登場人物たち

そんな永野が演じる成川佐奈は、自ら起業した教育系スタートアップ企業「ドリームポニー」のCEOを務める26歳。


貧しい家庭に育ち、満足な教育環境に身を置けず、学校に馴染めなかった過去をバネに高卒から独学で勉強し、会社創設を実現させた雑草魂を持つ若き女性CEOだ。会社のトップという肩書きだが、中身は等身大の26歳。人に頼ったり甘えたりすることが苦手で、悩みを抱えていてもつい我慢してしまったり、仕事や恋の両立ができるほど器用でなく、仕事を第一に優先してしまったり…。その姿に誰もが共感してしまうピュアな現代の働きガールだ。


そんな佐奈の周りには、起業当時から苦楽をともにしてきたビジネスパートナーの須崎功(すざき・こう)をはじめ、それぞれのライフスタイルを持った個性豊かな同僚が集まっている。さらには、そんな佐奈の前におじさんサラリーマン・小鳥智志(ことり・さとし)が転職してきて部下になったことから、佐奈の仕事や恋が一変! ジェネレーションギャップに戸惑いながらも互いに刺激を受け、切磋琢磨していくことで、仕事の成功とロマンスに向かって躍動していく。


これまで王道ヒロインから個性豊かな役まで幅広い役を演じてきた永野だが、CEOを演じるのは今回が初となる。永野が作り上げる仕事に恋に一生懸命で爽快なヒロインに期待が高まる。


これまでとは一味違う火ドラ?

また脚本を担当する大北はるかは、『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(CX)、『Night Doctor』(CX)など爽やかで心温まる群像劇を得意とする、近年大注目の脚本家。大北が初となるTBS火曜ドラマの脚本でオリジナル作品に挑み、これまでとは一味違う火ドラとして新たな風を吹かせる。


毎週火曜日に新情報解禁

今後、毎週火曜日に『ユニコーンに乗って』の新情報を続々と解禁していく。来週24日(火)には、永野演じる佐奈がCEOを務める「ドリームポニー」に突然転職してきたおじさんサラリーマン・小鳥智志役と、佐奈と共に起業し長年佐奈に思いを寄せるビジネスパートナー・須崎功役のキャストを発表する。


最旬で豪華なキャストが爽快に織りなす、今夏にぴったりな火曜ドラマ『ユニコーンに乗って』に注目だ。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)