『恋マジ』松村北斗のキスシーンも大反響、新章スタートで純はまるで別人に

TV 公開日:2022/05/16 14
この記事を
クリップ

広瀬アリスが主演を務める連続ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜よる10時)は、16日放送の第5話より新章がスタートする。



本作は、広瀬アリスと松村北斗西野七瀬藤木直人飯豊まりえ岡山天音の6人がそれぞれの恋模様を繰り広げる群像ラブストーリー。


先週放送された第4話では、柊磨(松村北斗)をめぐり純(広瀬アリス)とひな子(小野花梨)の女のバトルが勃発。柊磨の部屋で鉢合わせとなった“修羅場”からの“40秒超えキスシーン”には「心が追いつかない!」「キュン通り越してギュンです!!」「純が初恋で勇気を出して踏み込んだ!」「柊磨が純のことを好きになったんだな!」などとコメントが殺到。また、対照的にピュアなキスシーンを演じたアリサ(飯豊まりえ)と克巳(岡山天音)、禁断の恋が進む響子(西野七瀬)と要(藤木直人)にも大きな反響が寄せられた。


今夜10時放送の第5話では、純が別人のように恋愛モードに突入。寝ても覚めても柊磨でいっぱいの頭の中に、新たな悩みが浮上する。さらに、夫の敏彦が留守中に要を招いてホームパーティーを開いた響子に、想定外の事件が勃発。それをきっかけに、親友である純との絆にも亀裂が入って…?


<5話あらすじ>

思いが通じ合い、ついに結ばれた純(広瀬アリス)と柊磨(松村北斗)。味わったことのない幸福感で満たされた純の頭の中は柊磨でいっぱい。仕事にも身が入らず、まるで別人のようになる。その頃、克巳(岡山天音)とキスを交わしたアリサ(飯豊まりえ)もまた、2人の関係を一歩先に進めようとしていた。ところが、アリサに押し倒された克巳の口からは思わぬ言葉が飛び出して…。


響子(西野七瀬)は、仕事の鬼だった純が恋に夢中になっている姿を見て、どこかうらやましく感じる。そして思わず、アリサにだけ、要(藤木直人)に憧れて『サリュー』に通っていることを打ち明ける。響子のはかない思いを知ったアリサは、2人の距離を近づけるため、夫の敏彦(味方良介)が不在のときに、料理の手伝いを口実にシェフの要を家に呼び、ホームパーティーを開いてはどうかと提案する。


一方、柊磨との恋に幸せをかみしめていた純だったが、ふと、柊磨が誰にでもやさしい性格であることを思い出し、不安がよぎる。店にやって来たひな子(小野花梨)への態度も以前と変わらない柊磨を見て、“恋のやり方”が分からない純は…。



▼『恋マジ』オリジナルインタビュー


■『恋なんて、本気でやってどうするの?』
毎週月曜よる10時~10時54分 (カンテレ・フジ系全国ネット)

(C)カンテレ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)