高橋一生主演『インビジブル』入江甚儀 “逃がし屋”役で出演

TV 公開日:2022/05/13 2
この記事を
クリップ

TBSで毎週金曜よる10時から放送している高橋一生主演の金曜ドラマインビジブル』。本作は“クリミナルズ”と呼ばれる凶悪犯を捕まえるために、刑事と犯罪コーディネーターという絶対に相容れないはずの2人が異色のバディを組む前代未聞の犯罪エンターテインメントだ。

今夜放送する第5話では、元暴力団員・武入(鈴之助)が志村の同僚・安野(平埜生成)の殺害を自供したことで“三年前の事件”に新たな展開が・・・。武入は殺害を依頼してきたのが“インビジブル”であると証言し、それを聞いた志村はこれまで共に事件を解決してきたキリコ(柴咲コウ)に疑いの目を向ける。そんな中、武入が検察への護送中に“逃がし屋”と呼ばれるグループに連れ去られてしまう。そしてキリコも民宿から姿を消し・・・。


武入の逃亡に加担する“逃がし屋”のリーダー的存在・サクライを演じるのは、日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』や『半沢直樹』『ドラゴン桜』をはじめ数々の人気ドラマで好演する入江甚儀


ドラマのほか、映画や舞台と多岐にわたり活躍する入江が本作で演じるのは、好んで重罪犯を逃がし、スリルを味わう“逃がしのプロ”逃がし屋のサクライ。逃がし屋は、“三年前の事件”の犯行を自供した容疑者・武入が乗る護送車を襲撃。武入を連れ去った逃がし屋に、志村は単身接触を図るのだが・・・。


武入の証言により、志村と“インビジブル”キリコの関係が急展開する第5話。金曜ドラマ『インビジブル』第5話は今夜10時から放送。お楽しみに。


【関連】『インビジブル』高橋一生、役に深みを持たせる絶妙なさじ加減


第5話あらすじ

3年前の事件にキリコ(柴咲コウ)は本当に関与しているのか・・・。


腑に落ちない志村(高橋一生)は、「インビジブルに頼まれた」と証言した武入(鈴之助)に再び会い、ある確信を得る。しかし、その武入が検察への護送中に何者かに連れ去られてしまう。


一方、犬飼(原田泰造)は上層部からインビジブルを切るよう指示されていた。ところが、当のキリコは民宿から行方をくらましていた。やはりキリコと武入はつながっているのか。二人の緊急配備が敷かれる。


志村は、鑑識の近松(谷恭輔)の協力で、ハッカーのラビアンローズ(DAIGO)から、重罪犯を逃がして多額の報酬を得る「逃がし屋」の存在を聞き、武入を連れ去った「逃がし屋」に接近。


そして、また新たに闇に隠れたインビジブルの影がみえてきて・・・。


金曜ドラマ『インビジブル』

毎週金曜よる10:00~10:54

(C)TBS

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)