「これぞ田中圭!」晴太の“大切なもの”に大反響、ハグ後の展開にソワソワ『じぞ恋』第5話

TV 公開日:2022/05/17 14
この記事を
クリップ

上野樹里が主演を務める『持続可能な恋ですか?〜父と娘の結婚行進曲〜』(TBS、毎週火曜22時~)の第5話が今夜放送される。


先週放送された第4話。杏花(上野樹里)と晴太(田中圭)、そして颯(磯村勇斗)の恋模様に「心がキュッとなった」「映像が素敵…」「出演者の表情やしぐさで感情が伝わってきて切ない…」と反響が相次いでいた。本ドラマは素敵なセリフの数々はもちろんの事、“語りすぎない”表情と仕草の演技、作中で差し込まれる登場人物の気持ちや人物像が伝わるキーアイテムや風景描写が「良い…!」と話題になっている。


特に印象的で視聴者が沸いていたのが杏花と晴太が通う起業セミナー受講中の1シーン。講師から「自分の大切なものをノートに書きだしましょう」という指示が。杏花はそのノートに「ヨガ、資金、友達…」と大切なものを書いていく。最後に颯の顔を浮かべながら「お好み焼き」と書くが、颯の名前をストレートに書くわけではない…。そのノートを書いている時に晴太の顔をチラリと覗き込むが、晴太の名前や晴太に纏わるものは書かなかった。いや、書けなかったのであろう。本当に大切なものだからこそ、ノートに書くことができない杏花のモヤモヤした気持ちが伝わってくる、印象的なシーンであった。




一方晴太はその時ノートになにを書いていたか…それはドラマ中盤で明らかになるのだが、それが明らかになる前に杏花と晴太は言い争いをしてしまう。

晴太は独立を目指す杏花のモデルケースになればと、パーソナルジムを営む先輩女性起業家・足立瞳(MEGUMI)を紹介する。その帰り道、杏花は今のスタジオから「マネジメントをしてみないか」と打診されており、独立することを迷っていた。そのことを晴太に打ち明け「私はヨガも大事だけど…晴太さんが…」と言いかけたところで晴太は「頑張ってください。頑張らなきゃだめです!」と杏花を鼓舞。「マネジメントにまわればプライベートな時間も増えるし…そしたら」と言おうとする杏花を晴太は遮り「それって夢より大事なんですか?独立したいから結婚してる場合じゃないって言ってたじゃないですか。頑張れば一番大事なものが手に入るんですよ」と激を飛ばす。

杏花が独立を諦めようとした理由の一つに、晴太の存在は間違いなくあるだろう。そんな杏花の気持ちも知らないで晴太は「なんで独立するの諦めちゃうんですか!」と杏花に独立の夢を叶えてほしいと訴えるが、杏花は「私の気持ちなんてなにもわかってないです」と言い、その日2人はそのまま別れてしまう。


お互いを想う気持ちは同じなのに…すれ違ってしまった2人。そして晴太はなぜあそこまで杏花に「頑張れ!」と独立を応援しようとするのか…。「杏花の話を最後まで聞いてほしい…!」そうモヤモヤしながら観ていると、ドラマ終盤でその理由がわかるシーンが差し込まれる。


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 18件)