『ウォーキング・デッド』最終シーズン デジタル配信開始、カメオ出演などファンサービスも

TV 公開日:2022/05/11 3
この記事を
クリップ

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社が、全世界から注目を集めるサバイバル・パニックの超人気TVシリーズ『ウォーキング・デッド シーズン11』(第1話~8話)のデジタル配信(レンタル)を、5月11日(水)より開始する。(※第9話以降も、決定次第お知らせ)

【画像】最終シーズンの場面カットを見る



2010年の放送開始以来、アメリカでも異例の高視聴率を常に更新し続けた大人気TVシリーズ『ウォーキング・デッド』。ゾンビとの闘いやサバイバルを通して、生きるための愛、強さ、責任感、自制心を問う、革命的なヒューマンドラマの最終章となるシーズン11がついに開幕。


“ウォーカー”と呼ばれるゾンビがはびこるアメリカを舞台に、人間たちが時にぶつかりあいながらも生き抜く術を模索していくベストセラーのアメコミ“The Walking Dead”を原作に誕生し、10年以上もの間全世界に愛され続けてきた超人気TVシリーズ、待望のフィナーレが開幕。


シーズンを通しての強力な制作陣による、映画さながらの劇的なストーリー展開とハイレベルな映像クオリティはもちろん、特にゾンビメイクの第一人者グレッグ・ニコテロのリアルすぎる“ウォーカー”をはじめ、モノクロで描かれたアメコミ特有の世界を色彩と躍動感あふれる映像へと昇華させた本作。シーズン11も原作と製作総指揮を務めるロバート・カークマンと、『ターミネーター2』(91)のゲイル・アン・ハードらオリジナルスタッフが続投、メインキャストのダリル・ディクソン役のノーマン・リーダスやキャロル・ペルティエ役のメリッサ・マクブライド、ニーガン・スミス役のジェフリー・ディーン・モーガンなどの主要メンバーに加え、マギー・グリーン役のローレン・コーハンがレギュラーキャストに復活している。さらには過去シーズンとのクロスオーバーやカメオ出演など、最終章ならではの細かいファンサービスも見逃せない。いよいよフィナーレ、生存者たちの運命を左右する衝撃の展開が続出の『ウォーキング・デッド シーズン11』(第1話~8話)を、ぜひデジタル配信で楽しもう。


▼予告編映像


【これまでのストーリー】

極限に追い込まれた人間の心理をありありと描いた、超人気ヒューマンドラマ。現代社会の安全が破壊され秩序を失った世界で、生存者たちは確固たる人間性を保てるのか?”ウォーカー”と呼ばれるゾンビと人間との戦いが続く緊張状態の中、謎の集団”救世主”や”囁く者”の出現や仲間との確執など、リアルな人間模様も映し出す全世界で大人気のサバイバル・パニックシリーズ。


【シーズン11 ストーリー】

“囁く者”の襲撃によって破壊されたアレクサンドリア。再建が進む中、ダリル(ノーマン・リーダス)たちは食料調達のために、かつてマギー(ローレン・コーハン)が滞在していたというメリディアンへと向かう。しかし、同行したニーガン(ジェフリー・ディーン・モーガン)への未だ消えない不信感から、不穏な空気が漂っていた。一方、突然白い装甲服の集団に捕らえられたユージーン(ジョシュ・マクダーミット)、エゼキエル(カリー・ペイトン)、ユミコ(エレナー・マツウラ)、プリンセス(パオラ・ラサロ)は“コモンウェルス”という彼らの巨大施設に連行され尋問されることに… 。


■『ウォーキング・デッド シーズン11』(第1話 ~ 8話)

デジタル配信中(レンタル)

© 2021 AMC Film Holdings LLC. All rights reserved.
発売:ウォルト・ディズニー・ジャパン


▼キャストが語る今後の展開


『ウォーキング・デッド』最終シーズン 関連記事

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)