野間口徹「いつもの犯人役ではなく…」『悪女(わる)』に御曹司役で出演

TV 公開日:2022/05/10 3
この記事を
クリップ

毎週水曜に放送中の『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』。今田美桜が初めてドラマ主演を務め、江口のりこ鈴木伸之高橋文哉向井理が出演。毎話、今田美桜演じる麻理鈴(マリリン)が、部署を転々としながら、出世を目指していくドラマだ。




明日放送の第5話から、巨大IT企業「オウミ」社長の息子で、次期社長候補で「社長ジュニア」と呼ばれる神山伝弥(こうやま・でんや)役で、野間口徹の出演が発表になった。IT企業「オウミ」は、神山家が先祖代々経営してきた同族企業。しかし、IT企業に舵をとったのは、島田専務(小木茂光)であったりと、社内には、社長ジュニア派と島田専務派という2つの派閥があるようだ。どうやら、麻理鈴の出世の手助けをする峰岸さん(江口のりこ)は、島田専務に麻理鈴の異動をお願いしていたり、島田専務とも近しい関係だ。そして第5話では、社長ジュニアは、T・Oさん(向井理)と接触していて・・・。これからの麻理鈴の出世道に大きく関わってくるのかもしれない。


<野間口徹 コメント>

人生初だと思いますが、御曹司役…
普通の公務員の息子の僕が、御曹司役…
いつもの犯人役ではなく、御曹司役…
そう見えるか見えないかはさておき、大好きな面々に助けてもらいながら、精一杯演じたいと思っております。


【第5話 あらすじ】

年の瀬、麻理鈴(今田美桜)の営業四課への異動が決定した。女性課長が男性の部下相手にセクハラ事件を起こした影響で、空きが出たのだ。課長の三島(山口智充)が率いる営業四課は、効率化重視のため残業禁止。それどころか、仕事に支障が出るからと課内恋愛も禁止しているという。文句たらたらの麻理鈴に、峰岸(江口のりこ)は「社内恋愛は身を滅ぼす」と出世100か条を授けたが、T・Oさん(向井理)一筋の麻理鈴は聞く耳を持たない。一方、麻理鈴から抱きつかれて以来、小野(鈴木伸之)は麻理鈴のことを妙に意識してしまう…。

営業成績抜群で和気あいあいとした雰囲気のチーム三島だが、バレンタインの目玉企画でトラブルが発生した。代わりの企画に向けて動き出した一同は、オフィスで残業はしないが24時間臨戦態勢。休日もクリスマスも関係なく連絡を取り合い、抜群のチームワークを見せるチーム三島の勢いに飲まれた麻理鈴は、仕事に没頭しすぎて、全ての原動力であったT・Oさんのことを忘れてしまう…

その事実に気づいた時、峰岸がT・Oさんと一緒にいるところを目撃してしまった麻理鈴は疑心暗鬼に。2人の関係を邪推して峰岸から失望されてしまうが、チーム三島のリアルな恋愛事情と峰岸の思いがけない過去を知り…。

職場の人間関係の火種になりかねないとわかっているのに、なぜ社内の人と恋せざるを得ない状況に陥ってしまうのか。麻理鈴とチーム三島の面々がたどり着いた答えは?


■『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』

毎週22時から放送

(C)日本テレビ


※本記事は掲載時点の情報です。