『恋マジ』松村北斗 戸塚純貴“どっち派論争”で大盛り上がり、第3話は禁断の新展開も

TV 公開日:2022/05/02 3
この記事を
クリップ

広瀬アリスが主演を務める連続ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜よる10時)。このドラマは、広瀬アリスと松村北斗西野七瀬藤木直人飯豊まりえ岡山天音の6人がそれぞれの恋模様を繰り広げる群像ラブストーリー。


高校時代のラクロス部の同級生“安心安全”の大津(戸塚純貴)との初体験に失敗した純は、“来る者拒まず去る者追わず”刹那恋愛主義の柊磨(松村北斗)の元を訪れ、純が柊磨を押し倒すまさかの急展開!そんなストーリーにネット上では、「展開早すぎない?」などのコメントが相次ぎ、さに女性が“沼”にハマる危険な男子・柊磨と恋愛を感じさせない“安心安全”男子・大津のどっち派論争で大いに盛り上がった。また、“コスプレ同窓会”では純、響子、アリサそれぞれのコスプレの完成度の高さに多数コメントが寄せられTwitterのトレンド1位となった。





第3話では、柊磨との“お試し恋愛”をスタートさせた純が、アリサ、克巳を巻き込んでWに。まだ「恋はいらない」と思っている純に柊磨からのキュン攻撃が…!そして、ある出来事で夫に失望した響子は、要(藤木直人)との間に新たな展開も…。



<3話あらすじ>

大津(戸塚純貴)に気持ちを見透かされ、初体験に失敗した純(広瀬アリス)は、勢いにまかせて柊磨(松村北斗)の部屋を訪ね、「やってやろうじゃない、お試し恋愛!」と息巻く。シャワーを浴びて半裸の柊磨とベッドに並んで座った純は…。


翌朝、目を覚ました純は、柊磨を訪ねてきた意外な人物と鉢合わせ、柊磨の思わぬ一面を知ることに。会社では、島(星田英利)から展示会に出すデザイン案の模型が上がってくるが、めぐみ(安藤ニコ)の斬新なアイディアに比べ、自分の案は型どおりでオリジナリティーに欠けると、納得がいかない純。結局、時間がないなか、もう一度考えて新しい案を出そうと決意する。


そんななか、柊磨から突然デートに誘われた純は、アリサ(飯豊まりえ)と克巳(岡山天音)を巻き込んでダブルデートをすることに。柊磨のエスコートに、「恋なんていらない」という思いとは裏腹にドキドキとキュンが止まらない純。そんなダブルデートが純の仕事にも思わぬ影響をもたらす…。


一方、夫との間に不協和音が生じ始めた響子(西野七瀬)は、ひょんなことからサリューで要(藤木直人)と二人になり――。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)