森田剛が初の“父親”役、家族の絆を描いたスペシャルムービー公開

TV 公開日:2022/04/27 53
この記事を
クリップ

俳優の森田剛を主人公役に起用した、野村不動産の新築分譲マンションブランド「プラウド」のスペシャルムービー『僕は、ずっと君の隣にはいられない。』が、2022年4月27日より公開された。「家族と過ごす時間」の有限性をテーマに、これから家族になり、住宅購入を検討する若年世代に向けて制作したブランドムービーだ。



森田剛演じる父、鈴本健太。ある日、共働きの妻が出張に出ることに。期せずして健太は、少し距離のある息子の「まーくん」と、病気を患い死期が近づく愛犬の「マロン」とだけで、我が家で過ごすことになる。長年、家族の一員だったマロンとの時間が限られていることを察し、一緒に「いい思い出」を作ろうとする息子、そしてその成長を見守る健太による父と子との数日。親子、家族の絆を描いたストーリーとなっている。


主演は、初の父親役に挑む、V6解散後初の広告出演の森田剛。名だたる映画、舞台の名作で高い評価を集め、演技派で知られる。自身で新事務所を立ち上げるなど、自分ならではの幸せ=思い出を作り続けるその姿勢と、自身も父親としての想いを持つ森田が、“世界一の時間”を標榜するプラウドのブランドイメージ、及び今回のムービーのコンセプトに合致していると考えられ、今回の出演となった。


楽曲はYouTube総再生回数6億9,600万回超のシンガーソングライター Aimer(エメ)を起用。Billboard JAPAN史上最高記録となる7週連続1位を記録するなど、力強く美しい歌声で人気を誇るAimer。曲は、自身が「たくさんの想いと思い出が詰まったはじまりの曲」と話す『六等星の夜』特別バージョンだ。


▼スペシャルムービー『僕は、ずっと君の隣にはいられない。』



■野村不動産【プラウド】スペシャルムービー『僕は、ずっと君の隣にはいられない。』

2022年04月27日(水)~2022年10月25日(火)公開

出演:森田剛/橘茉希/森優理斗 他

主題歌:『六等星の夜 Magic Blue ver.』/Aimer

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 14件)