『君と世界が終わる日に』予測不可能なSeason3に「まさかの展開でびっくり」と衝撃

TV 公開日:2022/04/26 3
この記事を
クリップ

ゴーレムと呼ばれるゾンビがはびこる終末世界を舞台に、主人公・響(竹内涼真)と恋人の来美(中条あやみ)らが命がけの闘いを繰り広げる極限のゾンビサバイバル『君と世界が終わる日に』。HuluでSeason1~3を全話独占配信中の本シリーズは、Season1~3が2021年度(※1)のHulu視聴者数ランキングで第1位を獲得、2022年4月(※2)に入ってからも快進撃は止まらず、Season3がHulu視聴者数ランキングで引き続き第1位を獲得するなど、大きな人気を獲得している。

(※1:2021年4月1日~2022年3月31日集計、※2:2022年4月1日~2022年4月10日集計)

【画像】解禁されたSeason3の場面写真を見る(全9枚)




「怖いのは人間」

日本の地上波ゴールデン帯連続ドラマ初となる本格ゾンビ作品として注目が集まったSeason1から始まり、Huluの配信に舞台を移したSeason2~3の現在に至るまで、日本のドラマの限界に挑戦し続けている本作。シーズンを追うごとに過激さ・リアルさが増すゴーレムとの激しいサバイバルアクション、「怖いのは人間」と知らしめる人間同士のバトルと濃厚なドラマ、そしてシーズンを通して語られる響と来美のラブストーリーが視聴者の心を掴み、Season4を望む声が多数寄せられるほどの長編シリーズへと成長した。



今までにない魅力を放つ俳優陣

本編のクオリティのみならず、本日4月26日(火)に29歳の誕生日を迎えた主演・竹内や、ヒロイン・中条ら俳優陣が、これまでの長く過酷な撮影期間を通して成長し、今までにない魅力を放っているところも本作の大きな見どころのひとつ。座長の竹内を中心に、出演者が互いに信頼しアイディアを出し合う様子や、笑顔あふれる撮影現場の様子を捉えたオフショットが話題になるなど、チームワークの良さも本作の人気の要因となっている。

【関連】『君と世界が終わる日に』竹内涼真 長い撮影を終え感無量、メイキング映像も公開


これまでの『君と世界が終わる日に』

ある日突然、ゴーレムによって平和な日常が奪われたことから始まる、生死をかけたサバイバル、すれ違う響と来美のラブストーリー、ゴーレムウイルス開発者の謎を解くミステリーと、3つの軸が絡み合う“究極の人間ドラマ”を描くSeason1。


惨劇を乗り越えて平和な暮らしを取り戻したかに思えた響たちを、新たな悲劇が襲い、食料と安全な場所をめぐって生存者たちの争いが激化。地上波を超える衝撃と、“人類の反撃”を描くSeason2。


そしてこの度、予測不可能な展開で視聴者に衝撃を与えた、シリーズ最狂のSeason3の一部を切り取った場面写真が一挙初解禁。SNSでは「まさかの展開でびっくり」「こう来たか…」という予想を裏切る声や、「最後涙をこらえたけど無理だった」「手に汗握り奥歯噛み締め、心拍数増で最後まで見届けました」という投稿が寄せられた、Season3の闘いの軌跡を振り返る。


2人の運命の結末が描かれるSeason3

極限のその先へ――
人間同士の壮絶な闘いが繰り広げられた、激動のSeason3


響は、ゴーレムウイルスに感染しながら、響との子供を妊娠した恋人・来美を探して旅をする中で、ゴーレムに噛まれても感染しないという教祖・ワンティーティ(玉山鉄二)が率いる宗教団体「光の紋章」へと足を踏み入れる。

来美は生まれてきた赤ちゃんを守るため、殺戮集団“X”(エックス)と行動を共にしており、エックスが物資を狙って「光の紋章」を襲撃したことをきっかけに、響、「光の紋章」、エックスによる三つ巴の闘いが幕を開ける。

生きるか死ぬかの極限状態、明日の命の保証もない状況の中で繰り広げられる濃厚な人間ドラマは、『きみセカ』ならでは。絶望的な状況の中でも、希望を信じ懸命に生きる響たちだったが、闘いの果てには、予想だにしない仲間との悲しい別れが待っていて――。

多くを失いながら、満身創痍で来美と赤ちゃんに再会する響。しかし、来美のゴーレム化までのタイムリミットはすぐそこまで来ていた――。


果たして響、そして来美が最後に選ぶ答えとは――!?
3シーズンをかけて描かれた、2人の運命の結末が、ついに描かれる。


ゴールデンウィークは、Season1から始まる2人の物語をじっくり見返すチャンス。本作を観た人も、まだ観ていない人も、Season1第1話からSeason3最終話まで、ぜひHuluで楽しもう。


Season3 イントロダクション

「来美は生きている。俺はそう信じてる。」

あれから10か月―――

ゴーレムと呼ばれるゾンビに占拠された死と隣り合わせの終末世界。

荒廃は進み、食料は枯渇し、人類に逃げ場はなくなりつつあった。


安全な場所などどこにもない。

信じられるものなど何もない。


ゴーレムウイルスに感染しながらも響との子供を身籠る中、

謎の集団“X”と共に姿を消した恋人・来美を探す旅に出た響と結月。

長く過酷な旅路の中で「もう来美とは二度と会えないんじゃないか」と

あきらめかけた響たちがたどり着いた先は、ゴーレムの惨禍で、

新しい世界の創設を目的とする宗教団体「光の紋章」の聖地=サリート。


「恐れるな、死は常に我らと共にある」

多くの信者たちの信頼も厚く、外から来た響たちにも救いの手を差し伸べる「光の紋章」の教祖・ワンティーティ。

教団のある儀式が執り行われる中で、響たちが目撃したものは…

教祖の前にゴーレムが現れ襲いかかるも、彼が“噛まれても感染しない”という信じられない光景だった。

それは奇跡か、偽りか――信じれば愛するものを救えるのか――

「来美を救える希望が、ここにあるかもしれない。俺は何をすればいい?」


主人公の間宮響を演じるのは、Season1、2に続いて主演を務める竹内涼真。

極限のサバイバルを生き抜き、役柄としても俳優としても常に進化をし続け、シーズンを重ねるごとに新たな魅力を放つ。ヒロイン・小笠原来美には中条あやみ。ゴーレムウイルスに感染しながらも響の子供を身籠るという難役に挑む。

そして、Season1からの生き残りメンバー 笠松将飯豊まりえキム・ジェヒョン玄理小久保寿人横溝菜帆らが続投し、Season3からは玉山鉄二、桜井日奈子須賀健太和田正人らが新たに参戦。

脚本に『半沢直樹』の丑尾健太郎を迎え、極限のサバイバル禍でのさらに進化した人間ドラマを紡ぎ出す。


来美と共に消えた謎の集団“X”、新しい世界を創設しようとする「光の紋章」、ただ「愛する人を救いたい」響たち。

ゴーレムの惨禍で三つ巴の争いが激化!響と来美、2人の究極の愛もついに結末を迎える――?


生存者たちに迫る究極の選択。生き残るため、愛する人を守るため、人は何を手に入れ、失うのか。

謎の儀式、人間の覚醒、神聖なマリス、命の継承――新しい世界にあるのは、希望か絶望か。

極限のその先へ――それは愛か、狂気か。ついに、禁断の扉が開かれる。


「俺は俺の信じる道を行く。たとえ神にさからっても」

かつてない衝撃が襲うゾンビサバイバル、シリーズ“最狂”のSeason3!


■Huluオリジナル『君と世界が終わる日に』Season3

Huluで全話独占配信中
※Season1(全10話)、Season2(全6話)Huluで独占配信中

(C)HJホールディングス

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)