石川恋『悪女(わる)』出演、今田美桜&石田ひかりとのオフショット公開で「幸せ」

TV 公開日:2022/04/20 4
この記事を
クリップ

ファッション誌『CanCam』(小学館)の専属モデルで女優の石川恋が19日、アメーバオフィシャルブログとInstagramを同時に更新。日本テレビ系水曜ドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』(毎週水曜よる10時)に出演中の女優の今田美桜石田ひかりとの3ショットを公開し、ファンから反響を呼んでいる。



この日、絵文字やハッシュタグを交えながらSNSを更新した石川。「明日22:00~NTV「#悪女」第2話O.A.」と切り出すと、「美桜ちゃん&ひかりさんの"新旧マリリン"に挟まれた幸せオフショット」と今田、石田、石川の3人が笑顔で寄り添って並んだ写真を公開。30年前に「初代マリリン」を演じた石田は、同ドラマで人事部課長・夏目聡子を演じる。石川は、夏目(石田)の部下で人事部・春田すみれ役で登場する。最後は「第2話ぜひ観てくださいねーー!」と呼びかけた。


この投稿にファンから「奇跡の夢のトリプルオフショット」「かわ☆いい!カワ☆イイ!きゃわいい!」「素敵なオフショット」「幸せな気持ちになってめっちゃ癒された」「素敵な笑顔の一枚」「可愛い」「美しい3ショット」「美女3人」「楽しそう」「楽しみ」「素敵に美しい!!」「マリリンサンド」「可愛らしいが大渋滞」「豪華なスリーショット」などの声が殺到している。


日本テレビ系水曜ドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』は、1997年まで「BE・LOVE」(講談社)で連載していた深見じゅん氏によるロングセラー少女漫画『悪女(わる)』を、30年ぶりに再びドラマ化。やる気と根性は人一倍、けれどマイペースすぎて組織からはみ出しがちな麻理鈴が、会社の最下層から駆け上がっていく出世エンターテインメント。今田は、今回初めてドラマ主演を務め、三流の大学を四流の成績で卒業した、ポンコツだけど型破りな新入社員・田中麻理鈴を演じる。そのほか、江口のりこ鈴木伸之高橋文哉向井理などの豪華俳優陣が集まっている。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)