『TOKYO VICE』山下智久演じる謎めいたカリスマホストなど、ポスター14種一挙解禁

TV 公開日:2022/04/15 14
この記事を
クリップ

エンターテインメント・シーンの最前線で活躍するハリウッド最高のスタッフと日米のスター・キャスト陣が集結し、WOWOWとHBO Maxの日米共同制作で贈る史上初の超大作ドラマ・シリーズ『TOKYO VICE』。新聞記者、警察、ホストやホステス、そしてヤクザ。きらびやかな大都会の裏側で縦横無尽に広がる、90年代東京の凶暴なアンダーグラウンドで、誰が生き残り、誰が姿を消していくのか――。まさに日本人必見にして全世界待望のメガ・コンテンツが、遂に4/24(日)よりWOWOWでの独占放送をスタートさせる。

【画像】山下智久が演じる謎めいたカリスマホスト・アキラを見る(全3枚)




一週間限定による劇場公開決定

先日、主演のアンセル・エルゴートが撮影以来の来日を果たし、4/5に完成披露試写会を実施。4/6には、アンセル・エルゴート、渡辺謙菊地凛子伊藤英明笠松将山下智久の豪華キャストが集結し、壮大な来日記者会見が行われた。


完成披露試写会でお披露目された巨匠マイケル・マン監督による第1話は、日米で絶賛の評価が続々と上がっている。細部にわたる徹底的なクオリティへのこだわりにより、過去、どの作品でも観客をその世界に没入させ続けてきたマイケル・マン作品。映画館での上映を希望する声も多数寄せられたことから、急遽、WOWOWでの放送の前に、4/15(金)より一週間限定による劇場公開も決定した。


14種類ものキャラクタービジュアル

この度、『TOKYO VICE』の14種類ものキャラクタービジュアルが一挙解禁された。雷光が煌めく東京の夜に浮かび上がるのは、東京の大学を卒業したアメリカ人青年ジェイク(アンセル・エルゴート)、ヤクザ絡みの事件を手練で解決する刑事、片桐(渡辺謙)、秘密を抱えながら男社会を渡り歩く女性記者・詠美(菊地凛子)、風俗街で暗躍する刑事・宮本(伊藤英明)、ジェイクと意気投合する若きヤクザのリーダー・佐藤(笠松将)、謎めいたカリスマホスト・アキラ(山下智久)。この中で生き残れるのは誰か。全編オール日本ロケで描く、日米スター共演の超大作ドラマ・シリーズ『TOKYO VICE』はあなたを、息を呑む大興奮のトウキョウ・ワールドに陥れる。

【画像】14種類のキャラクタービジュアルを見る


プレゼントキャンペーンも

4/15(金)~の丸の内ピカデリーでの『TOKYO VICE』第1話の劇場公開は、マイケル・マンが細部まで徹底的にこだわった90年代東京の世界観を完全再現する、劇場用4KウルトラHDハイダイナミックレンジにより上映される。この世界で唯一のチャンスを記念し、劇場鑑賞者の中から抽選で、「超プレミア!キャラクタービジュアル・ポストカード6枚セット」をプレゼントするキャンペーンの実施も決定。劇場で鑑賞し(鑑賞チケットの半券で応募)、かつWOWOWに新規で加入すると抽選で300人にポストカードセットがプレゼントされる。(WOWOW加入者向けのキャンペーンも合わせて実施)


ハリウッド共同制作オリジナルドラマ『TOKYO VICE』

世界が憧れた大都会“1990年代TOKYO”が牙をむく――。東京の大学を卒業したアメリカ人青年ジェイク(アンセル・エルゴート)は、故郷に戻ることを勧める両親に反し、難関な試験を突破して日本の大手新聞社に就職する。警察担当記者となったジェイクは特ダネを追いかけるうちに、ヤクザ絡みの事件を手練で解決する刑事、片桐(渡辺謙)と出会う。新聞記者として危険な闇社会へと入り込んでいくジェイクに片桐は忠告する。「この世界は、一度開いた扉は閉じるのが難しい」――。

秘密を抱えながら男社会を渡り歩く女性記者・詠美(菊地凛子)、風俗街で暗躍する刑事・宮本(伊藤英明)、ジェイクと意気投合する若きヤクザのリーダー・佐藤(笠松将)、謎めいたカリスマホスト・アキラ(山下智久)。夢や希望ものみ込まれる東京のアンダーグラウンドで、生き残れるのは誰か。そしてジェイクは、新興ヤクザ勢力の危険すぎるネタをつかもうとしていた――。


『GOT』『SATC』を生み出したHBOによる「HBO Max」

『ヒート』(96)、『マイアミ・バイス』(06)、の監督であり、『インサイダー』で監督賞ほかアカデミー賞®7部門にノミネートされ、人間の生き様を比類なき色気とともに描き続けてきた巨匠マイケル・マンが第1話を監督し、全話のエグゼクティブ•プロデューサーとしても参加する。


さらに、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(14)でアカデミー賞®️作品賞を受賞したジョン・レッシャー、ドラマ・シリーズ「シックス・フィート・アンダー」(01~05)でエミー賞やゴールデン・グローブ賞を受賞したアラン・プール、舞台『オスロ』でトニー賞を受賞したJ.T.ロジャースといったエグゼクティブ・プロデューサー陣。そして困難な東京での撮影を卓越した経験とパワフルな行動力によって実現させた、『TENET』(20)のロケーション・スーパーバイザー、ジャニス・ポーリーなど、ハリウッド最高峰のスタッフが集結。


全8話のフィクション・ドラマ・シリーズ『TOKYO VICE』は、『ゲーム・オブ・スローンズ』や『セックス・アンド・ザ・シティ』を生み出したアメリカの放送局HBOによる配信プラットフォームHBO Maxと、2017年の設立以来100以上の大型テレビシリーズと映画を手がけるハリウッド屈指のスタジオであるエンデバー・コンテント、そして数々の名作ドラマを作り続けるWOWOWによる初の共同制作プロジェクトによって実現した。



■『TOKYO VICE』

4/24(日)よりWOWOWで独占放送スタート

(C)WOWOW

©️HBO Max / Eros Hoagland

©️HBO Max / James Lisle

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 15件)