中村倫也、レジェンドとの共演に「とてもテンションがあがります」ウマ娘新CM公開

TV 公開日:2022/04/09 24
この記事を
クリップ

俳優の吉田鋼太郎中村倫也が出演するゲーム『ウマ娘 プリティーダービー(以下、ウマ娘)』新CMが、4月10日(日)より全国で放送される。



「ウマ娘」新CMにレジェンドジョッキー登場

今回のCMにはレジェンドジョッキーである武豊と、クリストフ・ルメールも出演。ルメールは本CMが初のCM出演になる。CMは、吉田と中村が、武・ルメールにそれぞればったり出くわす2バージョンが制作された。


ゲーム『ウマ娘』をにこやかにPRしつつ、「『ウマ娘』、最高!」と叫びながら雲を割って天高く飛び去って行く豪快な武と、それを見て思わず「たけぇ!」と叫んでしまう吉田と中村。「ルメールも楽しメール!」とさわやかにダジャレを披露するルメール。


それぞれ個性的な表現で『ウマ娘』を薦める2人の映像と、吉田と中村のリアクションに注目だ。



武豊がスタッフを和ませる一幕も

収録は武&ルメールと、吉田&中村のパートごとに行われた。
武は、「最高!」と叫ぶシーンで監督の指導に少し照れながらも、徐々に監督のイメージ通りにテンションを上げて演技にのぞんでいた。一度、プレイバックを確認するシーンで画面が映らなかった際に、「最低っ!」と冗談を言って撮影スタッフを和ませるチャーミングな一面ものぞかせた。


ルメールは初のCM撮影とあってか少し緊張した面持ちだったが、カットを重ねる毎に段々と笑顔がこぼれていた。「ルメールも楽しメ~ル」という見せ場のカットでは、監督の要望に応えながら、さまざまな言いまわしやテンションで撮影に真摯に向き合っていた。二人ともジョッキー風の衣装での参加ということもあって、撮影終了後手渡された花束を掲げながらエキストラやスタッフに手を降るシーンは、まるで勝利のウイニングランを見ているようで、2人のレジェンドジョッキーとしての貫禄も垣間見ることができる豪華な撮影となった。


吉田鋼太郎&中村倫也 息の合った演技

吉田と中村は、本CMのシリーズを重ねていることもあり、レジェンドジョッキー2人との衝撃の遭遇を、息の合ったハイテンションな演技で表現。


撮影は終始和やかなムードで進行していたが、武が天高く飛び上がるシーンでは、実際に2人が強烈な風を全身に受けつつ空を見上げる演出になっており、ダイナミックな装置に現場が沸く一幕も。2人の迫真のリアクションも、本CMの見どころとなっている。


吉田鋼太郎、中村倫也インタビュー


――武さん、ルメールさんの印象を教えてください。

吉田:福島の競馬場のレースでプレゼンテーター役をさせていただいたときに、ルメールさんが1着で優勝なさって、トロフィーと表彰状をお渡ししました。たぶんルメールさんは覚えていないと思うんですが(笑)。

中村:僕も大井競馬場で3回くらいプレゼンテーターみたいな感じで表彰の時に立ち会わせていただいたんですが、3回中2回くらいルメールさんが1位でした。ファンに対するサービスや発言も人柄が出ていてお話ししてみたいなと思ったんですが、今回一緒には撮影できず残念でしたね。お二人はレジェンド中のレジェンドじゃないですか。

吉田:武さんも長いよね。キャリアが。

中村:お会いしたかったですけど、こうやって共演させていただけるのはとてもテンションがあがりますよね。

吉田:光栄ですよね。ジョッキーの方って小柄なイメージで、その方が有利という話をよく聞きますけど、(武さんは)そんなに小柄じゃないんですってね。170cmはあるって。不利なところを持ちつつ、なおかつそれを払しょくして王者で居続ける、並大抵のことじゃないですよね。

中村:やっぱり特出しているんでしょうね。詳しいことはわからないですが、馬との呼吸やレース展開など本当に特出した能力をもっているからこそ、それだけ長くご活躍されているんでしょうね。お会いして話してみたかったですね。

吉田:一緒の画面に映れるなんて思ってもみなかったですね。

中村:それだけで嬉しいです。


――新生活の季節なので、お二人が新しくチャレンジしたいことなどあれば教えてください。

吉田:最近その話一色になってしまって、申し訳ないんだけど。去年娘が生まれましてね。いろいろ今後のことを考えると、幼稚園やら小学校に入って、運動会が待っているわけですよ。その運動会で一緒に走りたいという野望をひそかにもっているんです。そのために鍛える。できればお父さんたちの中で1番になりたい。

中村:役者をやっているとなんだかんだ体も使いますし、感覚も若いじゃないですか。なのでケガさえしないトレーニングをすれば全然あるんじゃないでしょうか。

吉田:そうだね、せめてビリは避けたいという感じかな。少し言いすぎかなと思いますが、目指すは目指そうと。


――中村さんはいかがでしょうか

中村:始めるというよりも直したいことになっちゃうんですけど......。僕、割ときれい好きではあるんですが、家事の中で1つだけ唯一苦手なのが洗濯物を畳んでしまうっていうことなんです。

吉田:俺も、一緒。干すのはいいんだよね。わかる!

中村:だってもうどうせこれ着るんだしって思っちゃうんですよね。それでなんだかんだ洗面所まわりが洗ったものでこうなっていくので。これを機にちゃんとしたいなと思っています。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 21件)