増田貴久、田中みな実から「画面と同じでいい人」称賛されるも…ボケは「空振り」

TV 公開日:2022/04/09 3
この記事を
クリップ

ドラマプレミア23『吉祥寺ルーザーズ』オンライン記者会見が8日に開催され、主演を務める増田貴久をはじめ、田中みな実片桐仁田島芽瑠濱田マリ國村隼が出席した。



本作は、秋元康が企画・原作を担当する、年齢も性別も職業もバラバラだが人生負け組という共通点を持つ6人が、吉祥寺にあるシェアハウスで、一緒に暮らす日々を描いたシチュエーションコメディ。


シットコムということで、テンポの速い会話劇が展開される。増田は台本を読んだとき「まじか」と焦るほどセリフ量が多いことに驚いたことを明かすと「プロデューサーさんにリハーサルさせてくださいとお願いしたんです」と裏話を披露する。田中も「私が演じる大庭桜という役は、自分のルールに反することをされると、堰を切ったようにしゃべるキャラクターなんです」と自身の役柄を説明すると「1話で2,3回長セリフのシーンがあるので、台本をコピーしていろいろなところに皆さんの顔写真入りで貼って覚えています」と自主練していることを明かしていた。


増田が演じるのは、女子高の教師として順風満帆な人生を送っていたが、ある出来事がきっかけで心がポキッと折れてしまった<仕事から逃げたルーザー>安彦聡。増田は「癖の強い方々が多いので、聡はフラットで見やすく演じることを心がけています」と役へのアプローチ方法を語ると、田中は「人のよさがにじみ出る感じが、聡も増田くんも共通しているなと思いました」と増田の印象を述べる。


続けて田中は増田に対して「バラエティーなど画面でいつも拝見していて、とてもいい人そうだなと思っていたのですが、今回初共演してイメージのままいい人でホッとしました」と称賛するも「でも結構ボケるのですが、いまいち伝わらないことが多いんですよね」と増田を見つめる。すると増田は「ほとんど空振りですね」と苦笑いを浮かべていた。


また作品にちなんで「シェアハウスに住んでみたいか」と聞かれた増田は「住んでみたい!」と即答。しかし田中や片桐から「本当に? 潔癖症じゃないの? できるの?」と総攻撃されると、増田は「やっぱりできないです。無理です。すみません」と撤回するも「でも潔癖症ではないです。きれい好きなだけです」と強調していた。


田中も同じ質問に「いやですね」と答えると「20代のときは大丈夫だったのですが、いまは自分の心地よいスペースを誰かに侵されたくないというのが、年々強くなってきているんですよね。パートナーでもギリギリ嫌だと思うぐらいなので」と苦笑いを浮かべていた。


最後に増田は「ルーザーがテーマですが、人には誰しも負けている部分も勝っている部分もあるもの。人と関わっていくなかで、自分の良いところに気づいて、自分を好きになったり、相手を認められたりするもの。心が優しくなることができるドラマだと思います」と見どころを語っていた。


ⓒ「吉祥寺ルーザーズ」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。