江口のりこ衝撃発言も…今田美桜は超ポジティブ、どうして「悪女(わる)」?

TV 公開日:2022/04/08 5
この記事を
クリップ

深見じゅん原作の大人気コミックが、30年の時を経て、再びドラマ化される新水曜ドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』(日本テレビ系、13日 夜9時54分からスタート)。



今田美桜が今回初めてドラマ主演を務め、江口のりこ鈴木伸之高橋文哉向井理など豪華俳優陣が集まった。また30年前の平成版『悪女(わる)』で主演を務めた石田ひかりも特別出演する。


このたび、三流の大学を四流の成績で卒業した、ポンコツだけど型破りな新入社員、田中麻理鈴(まりりん)が入社式を経て、最初の配属となる巨大IT企業「オウミ」の総務部・備品管理課の画像が初めて解禁となった。巨大なビルとはまるで別の建物かのように薄暗く、段ボールなどよくわからない荷物が積み上げられている。


この部屋で麻理鈴を待ち受けていたのは、江口のりこ演じる謎の上司、峰岸雪。この備品管理課の竹内課長を務めるのは、佐戸井けん太。そんな竹内課長に出身を聞かれた麻理鈴は、滋賀県出身と答える。なんと社長の同郷枠でこの大企業に入社出来たということが判明する。


入社した日に、仕事が欲しいと峰岸に懇願する麻理鈴。峰岸が答えたのは、「ここはクビを切るに切れない人間が捨てられる姥捨て山なの。」と衝撃の発言。半地下の部屋であるこの部屋の窓からは、外を行きかう人たちの足元だけが見える。そんな人々の足元をみた麻理鈴は、「こんなにも沢山の人が行きかうなんて、考えるだけでワクワクしちゃいますね。」と全くへこたれないどころか、超ポジティブ発言を連発。そんなめちゃくちゃ明るい彼女の性格が、のちに峰岸の気持ちも動かしていくことになる。


この備品管理課には、コピー機のトナー、営業で使う会社のノベルティーでもある、テニスボールやゴルフボール、釣りのルアーまで様々な備品が集められている。各備品を社内中の各セクションに届けるのが麻理鈴の最初の仕事となる。会社の最下層から彼女の物語はスタートする。


さて、どうしてこのドラマのタイトルは「悪女(わる)」なのか?ドラマを観ながら一緒に考えて頂きたいとのこと。注目の第1話は13日放送。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)