大島優子、草薙の演技に感心「ネガティブを極めてきてますよね(笑)」

TV 公開日:2022/04/06 2
この記事を
クリップ

絶体絶命のピンチを知恵とひらめきによって突破。あらゆるジャンルで実際に起きた驚きのエピソードを基に、再現ドラマとクイズで奇跡の“突破劇”をドラマチックに届ける、新感覚のドラマ&クイズバラエティー『THE突破ファイル』。4月7日(木)の放送では、かが屋加賀翔吉住が共演している新シリーズ「突破Gメン」が登場。悪質な万引き犯を相手に絶妙なコンビネーションを発揮する。



新企画「突破Gメン」と、おなじみの「ネガティブ草薙」シリーズをお届け。悪質な万引き犯と凶器を持った強盗犯との手に汗握る攻防を描く。人気コンビ・かが屋の加賀翔演じる新人Gメンと吉住が演じる先輩Gメンは、巧妙な手口で商品を盗む万引き犯と対峙。物語の舞台となるスーパーでは健康食品を狙われるケースが多いとか。サプリは小さいため商品を隠しやすい。さらに、単価が高いということもあり、転売目的による犯行が増えているという。


そんな中、加賀は1人の男性に注目。商品が入っているかごを持ったままトイレに入るという怪しげな行動を取るが、万引きをしたという証拠が見つからない。男性のカバンの中にも商品はなく、声を掛けた加賀はピンチに。しかし、経験豊富な吉住は男性の行動パターンに疑問を感じていて…。VTRでは生見愛瑠が「怖いですね」と語る、最近増えてきた会計システムの落とし穴も紹介。万引き犯の恐るべき実態が明らかに。


以前は「突破交番」に巡査役で出ていた加賀が、違う職業で登場したためEXITの二人は「転職した?」とびっくり。スタジオ初登場の大島優子が「すごく面白かったです。これは続きますね」と太鼓判を押した新シリーズでの活躍に期待したい。


おなじみの「ネガティブ草薙」シリーズは“出張ハウスクリーニング編”を。昨今、SNSに投稿された情報で経済状況や住所、行動などを確認し、留守を狙って侵入する空き巣犯が急増中。今回、草薙と後輩の福山(福山翔大)が家主の留守中に2階で作業をしていると刃物を持った強盗犯が現れた。そこへ、家主の女性(逢沢りな)が戻ってきたから大変なことに。強盗犯は女性と、たまたま1階に降りて来た福山の動きを封じる。果たして、この状況に気付いた草薙が取った行動とは。


草薙と事務所が同じだという大島優子は「ネガティブを極めてきてますよね(笑)」と、彼のヘタレぶりを気に入っている様子。内村光良の「どこまで(台本に)セリフが書いてあるか分からない」というコメントに対しては「すごくお芝居が上手な方」と、草薙の演技に感心していた。


最近は体当たりで解決することが多い草薙だが、どんな方法で強盗犯を退治したのか。大島が「自分の身に起きる可能性もあるので参考にしたい」と語った衝撃の“突破法”をチェックしよう。


■『THE突破ファイル』「新シリーズ&ネガティブ草薙!悪者を大成敗SP」

4月7日(木)19:00~19:54
日本テレビ系にて、毎週木曜よる7時放送

(C)日本テレビ


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)