石橋静河、新水曜ドラマで化粧気なしの超倹約家に「見抜かれてしまう梨田さんが好き」

TV 公開日:2022/04/07 3
この記事を
クリップ

深見じゅん原作の大人気コミックが、30年の時を経て、再びドラマ化される新水曜ドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』。


今田美桜が今回初めてドラマ主演を務め、江口のりこ鈴木伸之高橋文哉向井理など豪華俳優陣が集まった。また30年前の平成版『悪女(わる)』で主演を務めた石田ひかりも特別出演する。いよいよ来週13日、夜9時54分からスタートする。



このドラマでは、主人公・田中麻理鈴(まりりん)が、IT企業の中の部署を転々とする中で、出会う社員の問題を解決していく。このたび、石橋静河が、梨田友子(なしだ・ともこ)役で出演することが発表となった。1992年版の「悪女(わる)」では、河合美智子が演じていた役柄である。



巨大IT企業オウミの中で、マーケティング部のリサーチ・チームに所属している。アクセサリーも付けず、化粧気もなく地味なファッションに身を包んでおり、不安のない老後を過ごすことが目標だという堅実な女性だ。超がつくほどの倹約家で、無駄使いは一切しない。「仕事はお金を稼ぐ作業」と割り切り、不透明な将来に備え倹約することをモットーとしている。いわば「将来のライフプランをガチガチに固めている社員」。そんな彼女とマリリンがどう接していくのか!?


梨田友子は、第1話から登場する。また石橋静河にとって、日テレのドラマ初出演となる。


<石橋静河 コメント>

梨田さんは、社会に揉まれていくうちに、挑戦する気持ちや仕事が好き!という気持ちを心の奥に仕舞い込んでしまった女性です。私は、その熱い気持ちを隠しきれず麻理鈴に見抜かれてしまう梨田さんが好きだなと思いました。一生懸命演じようと思います!


【写真】『大豆田とわ子と三人の元夫』出演時の石橋静河


■2022年4月期日本テレビ系新水曜ドラマ
「悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」

初回放送日は、4月13日(水)21時54分~22時54分
第2話以降、毎週22時からの放送

(C)日本テレビ


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)