今田美桜、正体不明の王子様・向井理との“運命の出会い”にキュン『悪女(わる)』

TV 公開日:2022/04/06 5
この記事を
クリップ

深見じゅん原作の大人気コミックが、30年の時を経て再びドラマ化される新水曜ドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』。今田美桜が今回初めてドラマ主演を務め、江口のりこ鈴木伸之高橋文哉向井理など豪華俳優陣が集まった。また30年前の平成版『悪女(わる)』で主演を務めた石田ひかりも特別出演する。


このたび、麻理鈴(今田美桜)がT・Oさん(向井理)と初めて出会う場面画像が初解禁となった。2人が出会ったのは、二人が勤務する巨大IT企業「オウミ」とは全く関係のない場所だった。果たしてその場所とはいったい?


そして、彼が同じ会社に勤める人だという事と、彼の名前のイニシャルが「T・O」だということを麻理鈴は偶然知る。突如麻理鈴の前に現れた正体不明の王子様。麻理鈴とT・Oさんのキュンキュンシーンは必見だ。

T・Oさんに再び出会うために、出世を目指すポンコツ新入社員の出世エンターテインメント、水曜ドラマ『悪女(わる)』は、来週13日よる9時54分からスタート。

<第1話 あらすじ>

田中麻理鈴(今田美桜)は、やる気と体力は誰にも負けないが少々ポンコツな女の子。大きな夢を抱いて大手IT企業「オウミ」に就職した彼女は、会社の地下にある「備品管理課」に配属される。そこは、会社のお荷物社員が集められた“姥捨て山”。麻理鈴は、クールな先輩社員・峰岸(江口のりこ)から「あなたは何も期待されていない」とバッサリ。備品を届けた花形部署の小野忠(鈴木伸之)や他の社員たちからも邪険にされる。しかし、そんな悪意にもまったくメゲないのが田中麻理鈴。それもそのはず、彼女が一生懸命働きたい理由には、“運命の出会い”が絡んでいたのだ。
麻理鈴は峰岸に「もっと仕事がほしい!」と付きまとう。根負けした峰岸は「ビルの清掃スタッフの顔と名前を覚えなさい」と謎の指示を出し、麻理鈴は言われた通りに、山瀬(高橋文哉)をはじめとする清掃スタッフとコミュニケーションを取るようになる。
一方、営業部で働く若手社員・美加(志田未来)も麻理鈴を疎ましく思う一人。「コロナ年入社組」と呼ばれ会社に馴染めずにいた美加は、入社早々皆に名前を覚えられている麻理鈴のことが気に入らない。そんな中、美加のピンチにまったく関係ない麻理鈴がしゃしゃり出て――!?
オトナたちの常識をぶっ壊し、こずるく楽しく出世していく…規格外の新入社員・田中麻理鈴の会社員生活が今スタートする!



■『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』

2022年4月13日(水)放送スタート
初回のみ 21:54~22:54、第2話以降 毎週22:00~
キャスト:今田美桜、江口のりこ、鈴木伸之、高橋文哉、向井理、石田ひかり(特別出演)
原作:深見じゅん『悪女(わる)』(講談社「BE・LOVE」)

(C)日本テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)