今田美桜&高橋文哉『さんま御殿』で“最近ちょっとナーバスになってしまう事”明かす

TV 公開日:2022/04/05 4
この記事を
クリップ

4月5日放送の『踊る!さんま御殿!!』は「桜満開SP 雑草美女&2世大暴れ 今田美桜も乱れ咲き祭」と題した3時間スペシャル。「2世芸能人」「話題の人」「インテリ美女 vs 雑草美女」の3ブロック、計40人のゲストが登場しトークを繰り広げる。



「2世芸能人」ブロックには、片岡鶴太郎の次男で画家の荻野綱久、雅楽師・東儀秀樹の15歳の息子・ちっちなど12名の2世が出演。藤岡弘、の娘は天翔愛、天翔天音、藤岡舞衣3人揃って登場する。トークテーマ「びっくりした親の言動」では、小堺一機の息子・小堺翔太が、「親がイジられるとそのまま子どもがイジられる」と言った瞬間にさんまが土下座。小堺が続けて、金髪にした父親にさんまが付けた“変なあだ名”がそのまま自分のあだ名になってしまったと明かすと、さんまは「改めて申し訳ない」と再び土下座する。さらに「もっとビックリしたことがあった」と、ロケ先で「小堺さんの息子さんの名前は“ニキ”じゃないんですか?」と不思議なことを言われたそう。この話に覚えがあるさんまは絶句。小堺から「さんまさんは影響力を考えてなさすぎる」と言われ、「俺のせいで辛い人生を歩んで申し訳ない」と謝罪する。


赤井英和の娘・赤井沙希は、ドラマに出演した際、主演の女優について父に相談したところ「シバいたったらええねん!」と、役に立たないアドバイスをされたと告白。そのトーク中、赤井がその大物女優の名前をポロっと言ってしまい、その名前に驚いたさんまは「名前言うた!」と慌てて女優のフォローをする。また、テーマ「過保護すぎると思う親の言動」では、いくつかの家庭に共通するスケジュール問題が発覚。そのほか、「親に相談したときの反応」や「親が外出するときの服装」などの話で2世同士が盛り上がる場面も。


「話題の人」ブロックでは、オープニングで瑛人の結婚を祝福。交際は半年だが幼なじみとのことで、さんまから「どうなっていったの?」と根掘り葉掘り聞かれてしまう。北京五輪出場のスノーボード女子・岩渕麗楽は、予選で骨折した左手にギブスを付けての出演。競技後ライバルたちが駆け寄った場面にさんまが「感動のシーン」と振り返ると、岩渕も「転んじゃって、もう終わったなと思ったらまさか」と、当時の喜びを語る。


テーマ「最近ちょっとナーバスになってしまう事」では、4月13日スタートの新水曜ドラマ「悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」で主演を務める、今田美桜が出身中学で起こった嬉しくも恥ずかしい出来事を告白。高橋文哉はマスク姿で人違いされたことに芸能人として落ち込んでしまう。瑛人は「結婚直前に女性と手をつないでホテルに入るところを週刊誌にスクープされた」と言い出し、さんまが「何言うてるの!?」ビックリ。その真相を聞いて一安心するものの、「こんなにヒヤヒヤしたの初めて」と顔をこわばらせる。


そのほか、高城れにももいろクローバーZ)の「好きな人に(自分の)鼻毛を抜いてほしい」「男性には気持ちを言わなくても感じ取ってほしい」などのコメントに男性陣がドン引き。


岩渕は初めて買ったあるモノについて、知らない人から「めっちゃ調子乗ってるね」と言われてショックを受けたというエピソードを明かす。また途中、滝沢カレンが以前番組で披露した“おにぎりの形”がテーマの自作曲「形の概念」をプロのミュージシャンである瑛人、オーイシマサヨシ花村想太Da-iCE)、さらには村雨辰剛が歌う貴重なシーンも。


「インテリ美女 vs 雑草美女」では、キャスターの大先輩である安藤優子に、フリーアナウンサー陣が「こんな風になれたら」(竹内由恵)、「アナウンサーの頂点」(鷲見玲奈)、「安藤さんみたいなアナウンサーになりたいと思って」(中野美奈子)と気を遣いまくり。一方、白戸ゆめのは、安藤ではなく、出演者の中のある人物に憧れてアナウンサーになったと明かす。


テーマ「私の周りのちょっとウザい女」では、占い師から「トンチンカンの星を持っている」と言われたという竹内が、トンチンカンな言動を連発。トーク中に繰り出す手振りやさりげなく挟み込まれる自慢にイラッとしたさんまや女性芸人たちから総ツッコミをくらってしまう。白戸も、“ハイスペックな男性”を求めるウザい女性のエピソードを話しながらも、自身の学歴話が前に出てしまい、雑草美女たちが白ける始末。そんな中、丸山桂里奈が「学歴よりもまず人間は〇〇」と体育会系ならではの一言で爆笑をかっさらう。


また、インテリ美女たちは美人な見た目のせいで「気が強そう」「高飛車そう」などと言われるという不平を漏らすも、安藤が「週刊誌に“美人”キャスターって書かれたことがない」と言うと気まずい空気に。そこで中野が必死のフォロー。しかし「安藤さんはシーラカンス的」という微妙な例えにスタジオ中が騒然となる。そのほか、自身が“美人”という前提のエピソードを披露する奥山かずさ青木さやかの全面対決も。


さらに、『踊る!さんま御殿!!』番組公式TikTokアカウントが開設された。日テレ公式YouTubeチャンネルで配信中の視聴者投稿で寄せられた何気ない日常の実話エピソードを“クスっと笑える”ミニドラマにした「ひと言体験談 再現VTR」が、スタートから2年で総再生数が1億5000万回を突破。大好評のコンテンツ「ひと言体験談 再現VTR」がTikTokでも手軽に楽しめる。


■『踊る!さんま御殿!!3時間スペシャル』

2022年4月5日(火)20時00分~22時54分放送

(C)日本テレビ


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 13件)