『悪女(わる)』阿佐ヶ谷姉妹の姉 江里子出演、原作は「私の高校時代の愛読書」

TV 公開日:2022/04/05 4
この記事を
クリップ

深見じゅん原作の大人気コミックが、30年の時を経て、再びドラマ化される新水曜ドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』。今田美桜が今回初めてドラマ主演を務め、江口のりこ鈴木伸之高橋文哉向井理など豪華俳優陣が集まった。また30年前の平成版『悪女(わる)』で主演を務めた石田ひかりも特別出演。いよいよ来週13日、夜9時54分からスタートする。



このたび、第2話の放送に阿佐ヶ谷姉妹の姉、渡辺江里子がゲスト出演することが発表となった。今回演じる役柄は、巨大IT企業オウミの中で、カスタマーセンターに勤める三瓶(さんぺい)花子役を演じる。


実は、江里子さんは原作漫画も、石田ひかりさんが演じた1992年のドラマ『悪女(わる)』も大ファンだったという。そして初代マリリンである石田ひかりさんとは同い年ということもあり、またコールセンターでバイトしていた経験もあるということで、この役柄に不思議なご縁を感じているとのこと。


<阿佐ヶ谷姉妹・姉の渡辺江里子 コメント>


――「悪女(わる)」出演オファーを聞いた時、どう思いましたか?

実は漫画「悪女(わる)」は、私の高校時代の愛読書で。ドラマ化された時は飛び上がる程喜びました。挿入歌だった高橋洋子さんの「もう一度逢いたくて」は、いまだにひとりカラオケで歌うお気に入り曲です。おかっぱ麻理鈴の奮闘に共感し応援し涙していたあの時から30年後。まさかのドラマキャストのお声がけに、膝が割れるかと思うくらい、何度も飛び上がって喜びました。


――実際に三瓶花子役を演じて、いかがでしたか?

昭和の香りただようスーツを着た三瓶花子さんは、どこかの会社に一人いそうな感じの人で、カスタマーセンター勤務な所や気の弱い所など、ご縁を感じる役をいただき光栄でした。久々のドラマで、緊張で声が小さすぎて、途中から私の前だけにマイクを追加された程でした。スタッフの皆様にはご迷惑とご心配をおかけしました!


――今田さん、石田さん、新旧のマリリンとの共演になりました。

麻理鈴ファンだった私は、今回上司役として出演される石田さんのキリリとしたお姿に「あら~麻理鈴、立派になって~(泣)」と胸アツでした。令和の麻理鈴、今田さんとご一緒のシーンでは、キラキラクリクリなおめめで励まして下さるたび、元気を分けてもらえるようで。おかっぱでキュートでパワフルな麻里鈴を全身で演じられていて、一層麻理鈴ファンになってしまいました。新旧マリリンとの共演、平静を装っていましたが、いつ鼻血が出てもおかしくないほど、内心興奮しっぱなしでした!


――第2話の花子さんのみどころは?

その気の弱さから、時々フッと気を失いそうになる三瓶さん。演技なのに、カメラマンさんから「大丈夫ですか!」とご心配いただけたほど、変にそこだけリアルだったようです(笑)普段からネタ中に倒れたりしているので、その成果が出ていたらいいなと思います。私がそうだったように、令和の誰かの胸にもずっと好きが残るようなドラマになったらいいなと思います。是非ご覧ください。


【第1話あらすじ】

田中麻理鈴(今田美桜)は、やる気と体力は誰にも負けないが少々ポンコツな女の子。大きな夢を抱いて大手IT企業「オウミ」に就職した彼女は、会社の地下にある「備品管理課」に配属される。そこは、会社のお荷物社員が集められた“姥捨て山”。麻理鈴は、クールな先輩社員・峰岸(江口のりこ)から「あなたは何も期待されていない」とバッサリ。備品を届けた花形部署の小野忠(鈴木伸之)や他の社員たちからも邪険にされる。しかし、そんな悪意にもまったくメゲないのが、田中麻理鈴!それもそのはず、彼女が一生懸命働きたい理由には、“運命の出会い”が絡んでいたのだ!

麻理鈴は峰岸に「もっと仕事がほしい!」と付きまとう。根負けした峰岸は「ビルの清掃スタッフの顔と名前を覚えなさい」と謎の指示を出し、麻理鈴は言われた通りに、山瀬(高橋文哉)をはじめとする清掃スタッフとコミュニケーションを取るようになる。

一方、営業部で働く若手社員・美加(志田未来)も麻理鈴を疎ましく思う一人。「コロナ年入社組」と呼ばれ会社に馴染めずにいた美加は、入社早々皆に名前を覚えられている麻理鈴のことが気に入らない。そんな中、美加のピンチにまったく関係ない麻理鈴がしゃしゃり出て――!?オトナたちの常識をぶっ壊し、こずるく楽しく出世していく…規格外の新入社員・田中麻理鈴の会社員生活が今スタートする!




■2022年4月期日本テレビ系新水曜ドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』

初回放送日は、4月13日(水)21時54分~22時54分、第2話以降、毎週22時から放送

(C)日本テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)