『探偵が早すぎる』Season2、主題歌はBE:FIRSTのセクシーなダンスナンバー

TV 公開日:2022/04/04 55
この記事を
クリップ

4月クールに滝藤賢一広瀬アリスW主演で再び連続ドラマとして放送が決定した『探偵が早すぎる~春のトリック返し祭り~』の主題歌がBE:FIRSTの新曲に決定した。



Season1は2018年7月期に連続ドラマ『探偵が早すぎる』(読売テレビ・日本テレビ系)として、2019年12月にはスペシャルドラマも制作された人気コメディ・ミステリー。


ほんの些細な違和感やミスを察知し未然に殺人計画を防いでしまう、“早すぎる探偵”こと千曲川光(滝藤賢一)。千曲川の活躍によりSeason1で父の遺産5兆円を相続した十川一華(広瀬アリス)だったが、Season2となる本作『探偵が早すぎる~春のトリック返し祭り~』では別の財閥の遺産2000億円も相続することになり、その一族の人間からまたも命を狙われることに…。犯人が仕掛けたトリックと同じ方法で返り討ちにする“トリック返し”を得意とする千曲川。今回も凶悪な刺客たちに向け、千曲川の華麗なトリック返しが冴え渡る!もちろん、前作・スペシャルドラマに引き続き、冷静沈着にして様々な資格や免許を習得しているスーパー家政婦・橋田政子(水野美紀)もレギュラー出演する。


そんな本作の主題歌が、BE:FIRST(ビーファースト)の新曲『Betrayal Game』(読み:ビトレイアルゲーム)に決定した。『Betrayal Game』は、BE:FIRSTの新たな側面を感じることが出来るセクシーなダンスナンバー。ソウルやR&Bなどの要素が色濃く反映された楽曲やシルキーかつソウルフルな歌声が魅力のシンガーソングライター・eillと、ポップネスなメロディメイク、様々なジャンルをクロスオーバーさせたアレンジメントを得意とする音楽プロデューサー・宮田“レフティ”リョウが書き下ろしたソウル感溢れるトップライン、SKY-HIがドラマのストーリーから着想を得て書き上げた、男女間の巧みな駆け引きを彷彿とせせるリリック、生音と先進的なサウンド組み合わせたプロダクションを得意とするビートメイカープロデューサー・A.G.Oによるグルーヴィーでダンサブルなトラックが一体化したミニマルな音数にドラマチックな歌声の映える楽曲となっている。


<中間利彦プロデューサー コメント>

前シリーズからパワーアップしている『探偵が早すぎる』のコメディ・ミステリーの世界観に、さらに【勢い】を埋め込んで欲しいと思い、今最も勢いのあるアーティストで大活躍中の BE:FIRSTさんに主題歌のオファーをさせて頂きました。滝藤賢一さん演じる千曲川と、広瀬アリスさん演じる一華は、常に近くにいる間柄ではありますが、友達でも家族でもありません。いつも憎まれ口をたたき合う関係にも拘わらず、【切っても切れない強い特殊な絆】で結ばれています。そんな【ちょっとぶっ飛んだバディ】の関係を、スタイリッシュに表現した主題歌にして頂きたい、とお願いしました。デモを聞かせて頂き、インパクトありながらも何度聞いても魅力が落ちない素敵な楽曲に鳥肌が立ちました。想像以上のカッコ良さと期待感溢れる楽曲に仕上げて頂き、ドラマとの化学反応が楽しみで仕方ありません!ドラマと共に、BE:FIRSTさんの主題歌、是非楽しみにして頂きたいです。



■読売テレビ・日本テレビ系 プラチナイト木曜ドラマ
『探偵が早すぎる~春のトリック返し祭り~』

4月14日(木)よる11時59分放送スタート


※本記事は掲載時点の情報です。