上白石萌音、内村光良の『LIFE!』でコント挑戦 その緊張感に「朝ドラを撮っているのかと」

TV 公開日:2022/04/02 6
この記事を
クリップ

女優の上白石萌音が1日、NHKが行う『君の声が聴きたい』プロジェクトのオンライン取材会に内村光良、和久田麻由子アナウンサーと共に出席し、未来を担う若者たちに熱いエールを送った。


『君の声が聴きたい』プロジェクトは、NHKが子どもや若者の声を特設サイトや1万人を対象にしたアンケート、取材を通して広く集め、それを元に、5月6日~14日までの9日間で、40を超える番組で、子どもや若者たちの幸せについて考える企画。


上白石は、5月6、7日に放送される『君の声が聴きたい』2DAYSのメンバーとして、キャプテンの内村をはじめ、岡村隆史チョコレートプラネット滝沢カレン神尾楓珠、和久田アナウンサーと共に参加するが「こんな素敵なプロジェクトのメンバーとして参加できること、大変うれしく思います」と挨拶すると、上白石は、内村のコント番組『LIFE!』でコントを披露することも明かされた。


上白石は「もともと『LIFE!』が好きでいつか出られたらと思っていたんです」と満面の笑みを浮かべると、内村は「僕は(上白石が出演している)『カムカムエヴリバディ』の最後がどうなるか気になるんですよ。本当に聞きたい」と来週最終回を迎える朝ドラへの興味を示す。上白石は「口を滑らせないようにしないと」とちゃめっ気たっぷりに笑うと「“君”に当たる若い方々に近い世代なので、寄り添えるように心を込めて伝えたいです」と意気込みを語った。


すでに『LIFE!』のコントを1本収録したという上白石。「どういう雰囲気で撮るんだろうと思ったら、すごく真剣勝負で」と感想を述べると「皆さんの真面目にふざけるという真摯な姿に感動しました。まるで朝ドラを撮っているのかと思いました」と語る。実際、上白石とコントを共にした内村は「声のハリがすごいんですよ。『こいつはやるな』と僕も負けていられない気持ちになりました」と称えると、上白石は「技がないので、若さとパワーで押し切りました」と照れ笑いを浮かべていた。



2020年のユニセフの調査で、日本の子ども・若者の「精神的幸福度」が先進38か国中、37位という結果が発表された。この結果に驚きの表情を見せた内村と上白石。自身の幸福な時間を問われると、上白石は「最近は仕事をしているときが幸せです」と回答。続けて上白石は「もちろん大変なこともありますが、好きなことを仕事にできるなんて、こんな幸せなことはないです」と理由を説明すると「あとはすごく頑張った夜の白米、眠りに落ちる直前とか、お風呂に入っているときとか……幸せは身近にあります」と語っていた。


上白石は『君の声が聴きたい』という番組で語りも務めるが「思春期って大人に言えないことがたくさんあったなと思い出したのですが、同時に口に出せていたらどんなに楽だっただろうなと思ったので、若い方々の声を救い上げることができるように、しっかり読ませていただきたいです」と意気込んでいた。


©NHK


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 12件)