磯村勇斗 気合い入れ撮影に臨んだ新CM「念願を実現させてもらって、すごく嬉しかった」

TV 公開日:2022/03/31 2
この記事を
クリップ

日本コカ・コーラ史上最強の強炭酸水「アイシー・スパーク from カナダドライ」(以後、「アイシー・スパーク」)と、「アイシー・スパーク レモン」の2製品のパッケージデザインがリニューアルされ、4月11日(月)より全国で発売となる。これにともない、同日より、俳優の磯村勇斗を起用した新CMの放映がスタートする。



<CM ストーリー>
全面氷でできた「アイシー・スパークカフェ」に入り、飲み物を注文しようとする磯村。そこに割り込んできた別の男性が、「速攻強炭酸くれよ!」と飲み物をリクエストする姿を見て、興味をそそられる。キンキンに冷やされた「アイシー・スパーク」のボトルが登場し、さらに強まる期待感。グラスに炭酸水が注がれ、大きな泡がたくさん立ちのぼる様子にまずは驚く磯村だが、口にしてみた途端、すばやく広がる炭酸の強さに思わず目を見開き、「炭酸はやっ!」とパワフルに炭酸水の刺激を表現する。また、「アイシー・スパーク」の製品名は、冷たさと強さを象徴する、ICY(アイシー:炭酸水の爽快感や冷涼感)、SPARK(スパーク:強い炭酸の刺激)に由来しているが、この世界観を反映した「アイシー・スパークカフェ」も見どころの一つだ。

【画像】CM場面カットを見る


<撮影エピソード>
CM撮影中の印象に残ったシーンについて、「“ごくごく、プハーッ”っていうのをやりたかった!念願を実現させてもらって、すごく嬉しかったです」とコメントするほど、今回の撮影は気合が入っていたという磯村。


一方、炭酸を一気に飲むシーンではあまりの“速攻!強炭酸水”ぶりに驚きを隠せなかったり、「炭酸はやっ!」のセリフでは、あまりの声の大きさに、「ちょっとでかすぎたかな・・・」とつぶやき、現場が笑いに包まれる一幕も。そんな中、次々に表情や声のトーンを変え、炭酸の刺激を表現する磯村の演技力の高さ、そして演技へのこだわりやサービス精神の旺盛さが垣間見られた撮影となった。

【画像】メイキングカットを見る



<磯村勇斗 インタビュー>
・撮影で印象に残ったシーンはありますか?
――ごくごく飲むところかもしれないですね。「ごくごく、プハーッ」っていうのをやりたかった!というのを今日、実現させてもらったので、すごく嬉しかったです。

・“速攻!強炭酸水”の「アイシー・スパーク」の速さ、強さについて、実際に飲んでみた感想を教えてください。
――速攻っていう名がつくだけあって、口の中に入れた瞬間に炭酸がジュワーッて広がる。強炭酸でもありつつ、それをすばやく味わえる、感じられるというのは、「アイシー・スパーク」の特徴だと思います。これだけすぐに泡が広がる強炭酸水もないんで、最初飲んだ時は驚きましたね。目が開くんですよね、飲んだ瞬間。その速さをぜひ体感してもらいたいです。

・どんなシーンで飲んでみたいと思いますか?
――どんなシーンでも「アイシー・スパーク」は合うと思いますが、特に仕事の合間が合うんじゃないかな。僕は、俳優をやっていますけど、時間に追われてリフレッシュする余裕がない撮影の合間に飲んでスカッとするのも良いですし、お風呂あがりとか体が温まっているときに飲んでスカッとしても良いなと思います。

・「アイシー・スパーク」はリフレッシュにも最適ですが、磯村さんにとってのリフレッシュ方法を教えてください。
――僕のリフレッシュ方法はサウナです。サウナが一番、自分にとって、人生にとってのリフレッシュできる場所ですね。だから、サウナが疲れた体とか心を癒してくれるっていう感じです。

・最近は色々なサウナがあるようですが、どのサウナで、この「アイシー・スパーク」を飲んでみたいなと思いますか?
――室内のサウナだと、100度を超えているような熱いのが好きなので、熱めのドライサウナに入って、水風呂入って、休憩しているときに「アイシー・スパーク」をクッと飲めば、火照った体が整っているところに、また新たな整いが生まれる気がします。あるいは、外で入るテントサウナで外のロケーションを見ながら「アイシー・スパーク」を飲むというのも最高なんじゃないかなと。贅沢な時間に変わる気がしますね。

・最後に新CMをご覧になる方にメッセージをお願いします。
――「アイシー・スパーク」は、すぐに口の中に広がって、そして強炭酸がジュワーッと一瞬で口の中に広がる。これを是非みなさんに体感していただきたいと思っております。忙しい方や、何か気持ちを切り替えたいなっていう方にも特にオススメできる製品なので、ぜひみなさん一度飲んでみてください!

【画像】インタビューカットを見る


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 26件)

関連タグ