小島健“ジャニーズ下克上”目指すも天然ぶり発揮、不思議な「こじけんワールド」に大爆笑

TV 公開日:2022/04/01 4
この記事を
クリップ

世代や場所、シチュエーションなどによって異なる常識(ジョーシキ)をあらゆる角度から調査し、独自の目線で紹介していく新感覚バラエティー番組『ちまたのジョーシキちゃん』。4月1日(金)は、関西ジャニーズJr. Aぇ! group小島健、俳優の鈴木福らイマドキ世代のゲストを迎えたクイズ企画を放送する。




2月に放送され、好評を博したチーム対抗クイズバトル企画の第2弾。今回は「知らなきゃヤバい!? 令和の新ジョーシキクイズSP」と題し、若者たちの間では当たり前の“令和の新ジョーシキ”をテーマにクイズを出題。番組レギュラーメンバーとゲスト陣が3チームに分かれ、豪華な優勝賞品をかけて激突する。


対決する3チームは、「蛍原チーム」が蛍原徹、小島、現役女子高生モデルの“ゆめぽて”こと川端結愛、「横山チーム」が横山裕見取り図リリー、“バブリーダンス”で一世を風靡した、女優の伊原六花、「くっきー!チーム」が、くっきー!、中間淳太、鈴木福という面々。新しいジョーシキにうとい昭和生まれ世代に、10~20代の若いゲスト陣をマッチングしたバランスの良いチームが勢ぞろい。そんななか、どんな時代のジョーシキにもくわしい番組の“ものしり枠”こと中間が「今日はこじけんがライバル」と関西ジャニーズの後輩でもある小島にいきなり宣戦布告。これを受け、見取り図・盛山が「小島くんが活躍したら、この番組での中間くんのポジション、奪ってもいいからね」と一言。小島も「マジですか?いっちゃっていいですか?」と奮起し始め、ドキドキのクイズバトルがスタート。


Aぇ! groupのプロデュースを手がける横山から「結果、残そうぜ!」と応援され、“ジャニーズ下克上”に張り切る小島だが、収録では天然ぶりを発揮。若い女性たちの間で流行している「ヘアスタイル」にまつわるクイズには、個性あふれるイラストで解答。あらゆるジョーシキについて「知ってました!」と乗じるものの、「ホンマに知ってる?」と深掘りされると、途端に話が怪しくなるなど、摩訶不思議な“こじけんワールド”に、くっきー!も「おもしろい!」と大爆笑。さらに「マネして踊ったヒット曲」では、鈴木福が6歳のときに大ブームを巻き起こした“マルモリ”ダンスを、本人の直接指導で蛍原&伊原が生チャレンジするなど、収録は大盛り上がり。ほかにも、時代を表す「流行語」、止まらない進化を探る「コンビニスイーツ」や流行グルメの変遷を追う「ハマったグルメ」など、興味深いさまざまなテーマからクイズを出題。激戦を制し、思わずテンションが上がる優勝賞品をゲットするのは果たしてどのチームなのか?


収録を終え、小島は「めちゃめちゃ楽しかったです!いつもお世話になっている、横山くん、(中間)淳太くんがいて下さってすごく心強かったです。芸人さんたちも大好きな方たちばかりでテンションあがりました!憧れのくっきー!さんにイジってもらえて、うれしかったです!」と、関西ジャニーズの大先輩と大好きな芸人たちに囲まれながらの収録を大いに楽しんだ様子。


最後に「今回、令和代表として出演させていただいて、意外と分かった問題も多かったので、まだまだ若者で大丈夫かな、と思いましたね(笑)。最近どんどん“おっちゃん”になってきてるな、と思っていたんですけど、まだまだイケると思いました。リトかん(Lilかんさい)やBoys beのみんなと同じぐらいの若さがあると思いました(笑)。横山くん、淳太くんはもちろん、スタジオの皆さんにお世話になったので、温かい目で見守っていただけたらと思います。厳しい目で見ないでください(笑)」と、視聴者にメッセ―ジを残した。


令和の新ジョーシキがたっぷり詰まったクイズスペシャル『ちまたのジョーシキちゃん』は、本日1日(金)よる7時放送。

▼過去の放送についてはこちらも


■『ちまたのジョーシキちゃん』
4月1日(金) 午後7時~8時放送(関西ローカル)
【MC】横山裕(関ジャニ∞) 見取り図
【スタジオレギュラー】蛍原徹 中間淳太(ジャニーズWEST)くっきー!(野性爆弾
【ゲスト】鈴木福 伊原六花 小島健(Aぇ! group/関西ジャニーズJr.) 川端結愛

(C)カンテレ

※本記事は掲載時点の情報です。