20th Century、井ノ原快彦主演『特捜9 season5』主題歌を担当

TV 公開日:2022/03/30 3
この記事を
クリップ

4月6日(水)からスタートする、井ノ原快彦主演のテレビ朝日系ドラマ『特捜9 season5』の主題歌を20th Centuryが担当することが発表された。


『警視庁捜査一課9係』シリーズから昨年放送された『特捜9 season4』まで16作連続でV6が主題歌を担当していたが、特捜9の新シリーズは20th Centuryが引き継ぐかたちになった。


主題歌になる『夢の島セレナーデ』は井ノ原快彦とも交流のあるサニーデイ・サービスの曽我部恵一(そかべ けいいち)が楽曲を提供。曽我部の神髄ともいえる“大人のフォークロックサウンド”となっており、シンプルでありながら、ツボを押さえたプレイが聴きどころになっている。


作詞作曲を担当した曽我部恵一は「トニセンの3人に“今”歌ってほしい曲を書こうと思いました。僕たちが自分たちの今日を愛し、輝ける明日を信じられるよう願って作りました」とコメントした。

今作についてドラマの主演も務める井ノ原快彦は歌詞にポジティブな「つらいことや悲しいことが起こるんですけど、そんな中でも一筋の希望をつかんで笑顔で歩んでいく…というのが、すごく作品と合致している気がしている」と話した、


ドラマを盛り上げる主題歌「夢の島セレナーデ」に注目してもらいたい。

※本記事は掲載時点の情報です。