菅田将暉×小松菜奈『糸』地上波初放送 より触れやすく再編集された「テレビ特別版」

TV 公開日:2022/03/29 5
この記事を
クリップ

TBSでは、今夜8時57分から、『映画「」テレビ特別版』を地上波初放送する。今回の放送を記念して、本作の監督を務めた瀬々敬久からコメントが届いた。



シンガーソングライター・中島みゆきの35枚目のシングル曲として1998年にリリースされた『糸』。糸を人に見立て、出逢いの奇跡と絆の大切さを歌ったこの楽曲は人気を博し、時を経た令和の現在でもその人気は衰えず、この楽曲のファンと公言するミュージシャンは後を絶たない。そして、これまでに120組を超えるカバー・バージョンが発表されている。


この珠玉の名曲から着想を得た本作は「めぐり逢い」をテーマに、平成元年生まれの男女の人生を平成史の変遷と重ねて描写していく壮大なラブストーリー。2020年8月に公開され観客動員数は165万人以上、興行収入22.7億円を記録した。このたび、そんな本作が満を持して地上波で初放送。「テレビ特別版」とし、再編集してお届けする。


出演は人気実力ともに若手トップの俳優、菅田将暉小松菜奈のW主演。さらに、榮倉奈々斎藤工ら演技派俳優陣が顔を並べる。そして、監督を務めるのは映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』『64-ロクヨン-』などで確かな演出力を見せ、ベルリン国際映画祭の受賞歴も持つ瀬々敬久。脚本は映画『永遠の0』『空飛ぶタイヤ』で日本アカデミー賞優秀脚本賞に輝いた林民夫。


平成元年に生まれたある男女。北海道の地で出会い惹かれ合うも、遠く引き離されてしまう。それぞれ別の人生を歩んでいた二人だが、奇跡の糸を手繰り寄せながら平成の終わりに再会を果たす。その時、二人はどんな未来を選ぶのか…。日本最高峰のキャストとスタッフが紡ぐ壮大な愛と絆の物語から目が離せない。

【画像】場面カットを見る


<監督・瀬々敬久 コメント>
映画「糸」の本質を失うことなく、より入りやすく、触れやすく、ギューッと凝縮した時間に再編集されたテレビ特別版。ぜひ、お茶の間でお楽しみください。


<あらすじ>
平成元年生まれの高橋漣(菅田将暉)と園田葵(小松菜奈)。北海道で育った二人は13歳の時に出会い、初めての恋をする。そんなある日、葵が突然姿を消した。養父からの虐待に耐えかねて、町から逃げ出したのだった。真相を知った漣は、必死の思いで葵を探し出し、駆け落ちを決行する。しかし幼い二人の逃避行は行く当てもなく、すぐに警察に保護されてしまう。その後、葵は母親に連れられて北海道から移ることになった。漣は葵を見送ることさえできないまま、二人は遠く引き離された…。

それから8年後、地元のチーズ工房で働いていた漣は、友人の結婚式に訪れた東京で、葵との再会を果たす。北海道で生きていくことを決意した漣と、世界中を飛び回って自分を試したい葵。もうすでに二人は、それぞれ別の人生を歩み始めていたのだった。

そして10年後、平成最後となる2019年。運命は、もう一度だけ、二人をめぐり逢わせようとしていた…。



■『映画「糸」テレビ特別版』
3月29日(火)よる8:57~10:57
【出演】
菅田将暉 小松菜奈/山本美月 高杉真宙 馬場ふみか/倍賞美津子/永島敏行 竹原ピストル・二階堂ふみ(友情出演)/松重豊・田中美佐子 山口紗弥加/成田凌/斎藤工 榮倉奈々
【監督】瀬々敬久
【脚本】林民夫
【主題歌】中島みゆき『糸』(ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス)

©2020 映画「糸」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)