二宮和也 現場でしゃべり続ける、共演者も驚き「寡黙なイメージだったけど…」

TV 公開日:2022/03/26 9
この記事を
クリップ

4月10日スタートのTBS系の連続ドラマ『マイファミリー』(後9・00)の制作会見が26日、都内で行われ、主演の二宮和也をはじめ共演の多部未華子賀来賢人濱田岳が出席した。


時代の寵児と持て囃されているゲーム会社の社長で、妻と娘と鎌倉で幸せに暮らす鳴沢温人(なるさわ・はると)がある日、娘が誘拐されたことをきっかけに警察の力を借りずに妻と力を合わせて犯人と戦っていく…というストーリー。本作は「ノンストップファミリーエンターテインメント」と題しており、二宮は「新しいワードなので我々もよくわかっていない。でも見て学ぼうと思っております」とアピール。


撮影は「いまのところ走り続けている」と明かした二宮。「娘を誘拐される側なので犯人の要求に応えるために色んな場所に行く。物理的にノンストップです(笑)」といい、妻・未知留を演じる多部も「撮影初日からずっと走っている」と同意した。


玉木宏大友康平松本幸四郎と男性キャストが多い現場。多部は「男性陣はずっと現場でしゃべっていますね。そんなにしゃべることあるのかってくらいしゃべっています。私はその場にいるので(話の内容が)耳に入ってくるけど、本当に大した話をしてない(笑)」と暴露。


賀来は「二宮さんが本当にずっとしゃべっている。寡黙なイメージだったけど、現場をノンストップで回してくれる」と明かすと、二宮本人も「俺も驚いている」とコメント。「黙りたいけど、気付いたらしゃべっている。現場はストイックな話なので、あまり引っ張られないように現場を楽しくしたいのでしゃべり続けている」と理由を語った。賀来は「それで現場の空気がいいので助かっています」と感謝した。


この日は『TBS DRAMA COLLECTION 2022 Spring!!』と題し、この春スタートする新ドラマの合同会見を実施。『マイファミリー』のほか、『インビジブル』、『持続可能な恋ですか?〜父と娘の結婚行進曲〜』のキャストも参加した。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)