前田敦子『ウツボラ』主演決定、美しい双子を一人二役で演じる「本当に嬉しいです」

TV 公開日:2022/03/24 6
この記事を
クリップ

中村明日美子の漫画『ウツボラ』が、前田敦子主演でドラマ化されることが決定した。WOWOWで放送・配信予定。


原作は、『同級生』シリーズなどで知られる漫画家・中村明日美子によるサイコサスペンス。連載当時、ミステリアスな展開と官能的な描写が話題を呼び、「このマンガがすごい2011」第7位にランクインした同作は、完結後も読者による考察が繰り広げられるなどカルト的な人気を誇っている。


ある日、謎の死を遂げた美しい女性、「朱」。彼女と入れ替わるように、「朱」の双子の妹と名乗る「桜」が、人気作家・溝呂木の前に現れた。実は溝呂木は、「朱」の小説『ウツボラ』を盗用していたのだ。『ウツボラ』の元原稿を持つ「桜」は、溝呂木にある提案を持ちかける。やがて深い闇へと追い詰められていく溝呂木。一方で、刑事たちは「朱」の死の真相を追っていた。果たして、事件の真相とは。怪死事件とひとつの小説をめぐって、物語は思いもよらない結末へと向かっていく。

この度主演に、前田敦子が決定。溝呂木を翻弄する美しい双子、「朱」と「桜」を一人二役で演じる。幾重にも張り巡らされた謎や人間の深部に迫るストーリー、官能的な描写など、映像化にあたっていくつもの課題があった中、重要となったのが「朱」と「桜」の配役であった。原作者の中村明日美子は、「前田敦子さんならぜひ」と本作の映像化を快諾。前田は、ミステリアスかつ艶やかな役どころに気合十分で、本作への出演について「明日美子先生のとても繊細な絵は女性の深く重たく美しい部分が一コマ一コマに描かれていて、凄く心惹かれた作品でした。2人を演じさせていただける事、本当に嬉しいです」と語る。

また、原作者の中村明日美子からもコメントが到着。この度のドラマ化について「箱庭的な迷宮物語が現実の俳優さんたちによってどう蘇るのか、大変楽しみにしております」と期待を寄せている。なお、溝呂木をはじめとする他登場人物を演じるキャストは、今後発表される。続報に乞うご期待。

1/2ページ