『部長と社畜の恋はもどかしい』最終回 視聴者の反響受け、後日譚を描いたドラマ配信

TV 公開日:2022/03/23 8
この記事を
クリップ

本日3月23日(水)深夜1時から1時間枠で最終2話が放送されるドラマParavi部長と社畜の恋はもどかしい』が、この度、Paraviで配信中の2022年1月クールに放送したテレビ東京のコンテンツで、総合第1位の再生数を記録した。これを記念して、Paraviとして初の制作となる“ドラマ本編の後日譚”を描いたParaviオリジナルストーリー『部長と社畜の結婚はもどかしい』を、本日3月23日(水)深夜2時よりParaviで独占配信する。


ドラマ『部長と社畜の恋はもどかしい』は、コミックサイト「マンガよもんが」にて連載中の累計100万ダウンロードを超える同名原作をドラマ化した作品で、【残業女子×定時男子】という仕事のやり方も考え方も全く違う二人が繰り広げる“ムズキュン“を描いたオフィスラブコメディー。オフィスや恋愛でのあるあるに留まらず、昨今の“ワークスタイル”に対して軽妙に切り込んだ斬新なテーマ性が、世の働く女性を中心に視聴者から多くの共感を呼び、幅広い世代から好評を博している。


そんな本編が本日惜しまれつつも最終回を迎えるが、エンディングへの期待とともに早くも“シャチ恋ロス”に陥る視聴者からの反響を受けて、本編に続く後日譚を描いたドラマ『部長と社畜の結婚はもどかしい』を、最終話放送終了直後より動画配信サービス「Paravi」で独占配信することが決定した。


Paraviオリジナルストーリー『部長と社畜の結婚はもどかしい』は、三度の飯よりも仕事が大好きな社畜OLの主人公・丸山真由美(通称:まるちゃん)と、「定時に上がる」ことをモットーとして働く堤司(テイジ)部長の二人が、結婚式の計画を立てるところから物語がスタートする。本編同様、仕事に熱心なまるちゃんと不器用な堤司部長ならではの”ムズキュン”過ぎるすれ違いが起き、そこから会社を巻き込んで大騒動に発展する模様を描いた作品だ。


本作には、まるちゃんの後輩・三森(小野莉奈)をはじめ、堤司部長のライバル的存在・拝島(佐野岳)や部下の草野(永田崇人)、そして労務管理責任者の諌山(丸山智己)など、個性的なキャラクターが大反響を呼んだ“オリエント”社員らも登場。結婚後もじれったく可愛らしい“ムズキュン”を繰り広げる2人と、それを取り巻く個性豊かな同僚たちが織りなすドタバタ劇は必見だ。


さらに、Paraviではドラマ『部長と社畜の恋はもどかしい』を全話配信中のため、アフターストーリーとともに、改めて本シリーズをまるっと楽しめる。


Paravi オリジナストーリーあらすじ

社畜OLの主人公・まるちゃんこと丸山真由美(中村ゆりか)は堤司部長 (竹財輝之助)と結婚してからも変わらず社畜として働いていた。そんなまるちゃんに愛妻弁当ならぬ愛夫弁当を持たせたり、社内で視線を交わし合ったりとオフィスラブを楽しむ2人。そんな中、結婚式の計画を立てはじめ順調に進んでいるように見えたが会社を巻き込む事態に発展し...!?2人を取り巻く“オリエント”の社員たちの面々もそれぞれパワーアップして登場!結婚してもムズキュンが過ぎる!?もどかしすぎるドタバタストーリーをお楽しみください!


■Paraviオリジナルストーリー『部長と社畜の結婚はもどかしい』
3月23日(水)深夜2時 前編・後編 一挙配信


『部長と社畜の恋はもどかしい』第11話、最終話あらすじ

堤司(竹財輝之助)が異動したのは自分のためだと知り、走り出す真由美(中村ゆりか)。復活愛を遂げた二人だったが、そんな最中、謎のウイルスの流行により、リモートワークを余儀なくされることに。二人がリモートデートで愛を育む一方で、三森(小野莉奈)は推しアイドルのコンサートも軒並み中止となり、働く意味を見失っていた。拝島(佐野岳)もまた、足で稼ぐことができない今の状況に自信を失う日々...。そして、ようやくパンデミックが収まり集まった営業部。しかし、一番の取引先が倒産するなど、想像以上の苦境に立たされていた。そんな営業部の体制を立て直すべく、事異動が発令されて...!?部長と社畜、仕事と恋の行方は!?ついに最終回!


©志茂・ぶんか社/「部長と社畜の恋はもどかしい」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)