内田理央&松井玲奈&小西桜子が“マドンナ”に『しろめし修行僧』ハナコ岡部と淡く切ない恋

TV 公開日:2022/03/23 9
この記事を
クリップ

テレビ東京では、4月8日(金)からドラマ24『しろめし修行僧』(毎週金曜深夜0時12分~)が放送される。人気芸人トリオ・ハナコ岡部大演じる主人公の米田(こめだ)たくあんが、托鉢の全国行脚修行を通して、各地の“ご飯のお供”と出会う様子を描き、「しろめしに合う最高のおかずとは何か」という究極の問いに迫るグルメドラマ。毎話登場する最高のおかずたちが、金曜深夜に食欲をそそること間違いなし。そして修行で訪れる先々で出会うマドンナとの淡い恋模様も大きな見どころだ。




淡く切ない恋模様に注目

そんな本作にゲスト出演する1~3話のマドンナが発表された。1話のマドンナは、内田理央演じる海原千佳。


新米漁師で先輩たちから半人前扱いされており、早く一人前になろうとする健気な姿にたくあんは心奪われ…。2話のマドンナは、松井玲奈演じる山村朱里。東京でバリバリ働いていたが、仕事を辞め田舎に戻ってきた朱里は、いつも不機嫌そうで父親との関係も険悪。朱里に一目惚れしたたくあんは、親子関係を修復するためまさかの婿入り宣言!?3話のマドンナは、小西桜子演じる黒木亜衣。修行中、腹ペコのたくあんに親切にしてくれた上に、食べ物の好みまでぴったり合う亜衣を、“運命の人”だと感じるが、実は亜衣はとある秘密を抱えていた…。行く先々ですぐ恋に落ちてしまうたくあんの淡く切ない恋模様にも注目だ。


さらに、本作のオープニングテーマが、2021年にメジャーデビューを果たして以降勢いを加速中のKroiが歌う『Small World』に決定。たくあんが美味しそうにご飯を頬張るオープニング映像をKroiの音楽が彩る。


1話マドンナ:内田理央コメント

【海原千佳役】漁師。半年前に漁師になったばかりで、早く一人前になりたくてもがいている。


<コメント>

台本を頂いて、ピュアで惚れっぽく、ご飯を美味しそうに食べるたくあん役のイメージが岡部さんにピッタリで、にやにやしながら一気に読んでしまいました。私が演じる千佳は一人前の漁師になりたいと思う、ちょっと意地っ張りだけど芯のある女性。私の母も房総の生まれでよくなめろうを作ってくれたのですが、実は私は作るのが今回初だったので緊張しました(笑)。千佳の作る漁師飯にも注目してください。

岡部さんは、今日は食べるシーンがあるからと、お弁当をがまんし、みんなにお茶を入れてくださいました。優しい…!そしていざ白飯を食べるシーンでは全然食べ足りないご様子でした(笑)。岡部さんがいると現場が明るく優しい雰囲気になります。たくあんさんに本当にピッタリな方だと思いました!1話は、心温まるちょっと切ないストーリーになってます。そしてなにより、お腹がすきます!ぜひ白いごはんを一緒に食べながらご覧ください。


★内田理央が好きなしろめしに合うおかず★

たらこ!納豆と迷いました(笑)。たらこがあると永遠とご飯が食べられます。


2話マドンナ:松井玲奈コメント

【山村朱里役】農家の娘。先月まで東京の広告代理店で働くキャリアウーマンだったが、現在は実家に戻っている。


<コメント>

岡部さんが演じるたくあんが、美味しそうに白米をかきこむ姿がすぐに目に浮かびました。修行の旅をする中で、ご飯のお供だけでなくさまざまな人に出会い、別れを繰り返す物語に触れた時、心が温まりました。私が演じる朱里はきちんとヘアメイクをしているのに、着ているものはジャージというどこかチグハグな女性です。父との仲も険悪なのに、どうして田舎に帰って来ているのか。秘めた想いのある彼女は、とても魅力的な女性に感じられました。朱里はツンとした表情が多かったのですが、岡部さんがご飯を食べている時は思わずため息を吐き、見惚れてしまう程。これはとんでもないグルメドラマが生まれてしまった!と確信しました。岡部さんがただ美味しそうにご飯を食べる動画が欲しいくらいに虜になったので、早く皆さんにその姿を見ていただきたいです。

僧侶、問題を抱えたヒロイン達、美味しいご飯のお供。これが一つに合わさると、お腹がぐぅっと空いて、くすっと笑える素敵な作品が出来上がりました。ぜひ楽しみにご覧ください!


★松井玲奈が好きなしろめしに合うおかず★

王道の納豆と卵。そこに少しだけニンニクのすりおろしを入れて、お醤油と辛子を足してガーッとかき混ぜて、わーっと流し込んで食べるのが最高です。ニンニクの味がパンチを効かせてくれて、シンプルなのに満足度の高いご飯のお供が完成します。


3話マドンナ:小西桜子コメント

【黒木亜衣役】商店街で修行中のたくあんに優しく接してくれる可憐な女性。とある秘密を抱えている…?


<コメント>

テレビ東京さんのドラマ24は中学生の頃から好きで憧れていたので、ついに!と嬉しく思いました。白飯という究極にシンプルなテーマのグルメドラマということで、わくわくしました。黒木亜衣さんは私にとっては珍しい、たくあんが惚れるのも納得の可憐なヒロインです。楽しみながら大切に演じさせていただいたので、是非、最後まで見届けてください。岡部さんは、包み込むような優しさと愛らしさがあって、たくあんというキャラクターがぴったりだと思いました。そして本当に美味しそうにご飯を食べるので、見ていて心地よかったです。

短い時間でしたが、ほかほかのご飯のようなあったかい現場でした。その空気感が伝わると嬉しいです。絶対にご飯が食べたくなる究極のグルメドラマを、皆様是非お楽しみください。


★小西桜子が好きなしろめしに合うおかず★

海苔の佃煮が好きです!


オープニングテーマ担当:Kroiコメント

この度、我々Kroiがリリースいたしました"Small World"が『しろめし修行僧』のオープニングテーマソングとして採用していただくことが決まりました。このドラマは、ラッパーを目指しながらもほぼニートのような生活を送る食いしん坊な寺の息子が現状打破のために、全国を行脚する修行に出て、美味しいおかずを探し求めながら、その土地で出会うマドンナと淡い恋を繰り広げるという修行僧と相見えない煩悩オンパレードな、なんとも型破りなドラマで、その設定だけでもとても面白いと感じました。

我々がリリースした"Small World"という楽曲も、日々の生活を変えたいと強く思う人間模様や現状からの逸脱のようなテーマがある曲になっているため、今回このドラマのテーマソングに採用していただけると決まった時は、とても親和性を感じ、一層嬉しく思えました。歌詞に留まらずバンドサウンドや構成などにも型にハマらないKroiらしいスタイルをふんだんに盛り込めた楽曲にできたかと思うので、是非ともドラマをご覧いただく方、こちらのコメントを読んでいただけた方はフルで音源やMVもチェックしていただけると嬉しいです。


イントロダクション

ラッパーを目指しているが、ほぼニートのような生活を送っている寺の息子・米田たくあん(岡部大)。見かねた寺の住職である父・こしあん(松平健)から命令されたのは“托鉢”の全国行脚修行!たくあんが、父・こしあんと交わした約束は…「一日一善」ならぬ「一日一膳」。そして「一椀一品」。「一日一膳」とは、旅に出て、世のため、人のために善行をする。その分ご飯を食べられる。「一椀一品」とは、食べていいのはしろめしの入ったお椀にのる一品のおかずのみとする。

そうして始まるたくあんの修行。行く先々で登場するしろめしに合うおかずがたまらない!そして、その土地で出会うマドンナとの恋模様や、同じく修行中の親友・ぶりあん(犬飼貴丈)との友情にも心がほっとあたたまる新たなグルメドラマ!



■ドラマ24『しろめし修行僧』

4月8日(金)スタート 毎週金曜深夜0時12分
放送局:テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送

出演:岡部大(ハナコ)、犬飼貴丈、松平健
オープニングテーマ:Kroi『Small World』(ポニーキャニオン / IRORI Records)

Ⓒ「しろめし修行僧」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)