『カムカムエヴリバディ』声の出演 さだまさし、初めて画面登場で印象的なシーンに

TV 公開日:2022/03/18 11
この記事を
クリップ

現在放送中のNHK連続テレビ小説カムカムエヴリバディ』にNHKラジオ英語講座講師・平川唯一役として声の出演を務めてきたさだまさしが、本日3月18日(金)初めて画面にも登場。同日、ドラマのタイトルでもあり、主人公親子三代の絆をあらわすキーワードとも言える童謡「カムカムエヴリバディ/証城寺の狸囃子」をさだ流にカバーした配信限定シングル『証城寺の狸囃子 ’22 ~COME COME EVERYBODY~』としてリリースする運びとなった。



昨年11月より放送の『カムカムエヴリバディ』。この日の放送では、終戦50回忌のタイミングで岡山へ帰省していた“るい”の横には一度も会うことなく他界した父親の“稔”が現れ、同じ頃“るい”の部屋にいた“ひなた”の前には彼女がかつて聞いたことのないラジオ英語講座講師・平川唯一役のさだまさしが現れ「みんな誰でも最初は英語の赤ちゃんなんだよ」と“ひなた”に優しく語りかける、そんな印象的なシーンが放送された。


ドラマの中で“ひなた”と一緒に「証城寺の狸囃子」を歌ったさだは、「平川さんが“証城寺の狸囃子”に目を付けて、それを英語でカバーして“カムカムエヴリバディ~”って歌ったその音楽的直観ってすごいな!って思う。僕らの時代は(その英語バージョンを)みんな知っていたし、僕も心のどこかで覚えていた。“証城寺の狸囃子”は(平川さんのお陰で今や)ワールドミュージックだと思う。」と平川唯一についてコメント。また、撮影に関しては「ドラマに出るって言っても実在の人物だし特に役を作る必要はなかった。白髪にしたりもしたけど兎に角楽しかった。カムカムの商店街にも行ってきました!」と出演を振り返った。


今回さだがリリースした配信限定シングル『証城寺の狸囃子 ’22 ~COME COME EVERYBODY~』は、さだ曰く「子供たちが喜ぶように、今風に遊びの要素を入れてみました。レコーディングしていても楽しかった。ちびっ子たちにぜひ歌って欲しい。」と語るように、同曲をさだ流に解釈した完全さだまさしバージョンとして音源化。また、配信ジャケットは狸が躍り舞うさだ直筆のジャケットになっている。同楽曲に関しては今日放送のさだのレギュラーラジオ番組でもチェックできるのでお聞き逃しなく。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)