犬飼貴丈、恐怖心でため息の連続『ぐるナイ』で磯辺焼きの完食目指す

TV 公開日:2022/03/17 28
この記事を
クリップ

3月17日の『ぐるぐるナインティナイン』は、「音が鳴ったらダメ家族」と「アバター大喜利」の2本立て。「音が鳴ったらダメ家族」第2弾には、父・矢部、長男・岡村、二男・もう中学生、三男・犬飼貴丈、長女・佐々木久美日向坂46)が登場。母・草刈民代のしつけにより、音を立てずに食事をしないと“タライ落とし”の厳しいお仕置きが待つ。



前回、八宝菜や生春巻きなど、さまざまな料理でことごとく音を出してしまった矢部家。その教訓やコツを活かして、今度こそ完食を目指す。しかし、もう中に出されたのは、1口目が大事な、パリっとした食感が特徴のフランクフルト。そのパリっと感を無くすために、もう中が考えた“ジェラシー作戦”とは。また矢部が語る、「行儀がいいと思うよ」という、もう中のあるくせとは。


岡村にはホクホク感がたまらない肉じゃが。「いけそうな気がする」と自信満々で食べ進めるも、1つだけ要注意の食材が。佐々木が食べるのはフルーツタルト。「どうしよう」と悩みながらも考えたのは「音を置き去りにする」という佐々木の異次元作戦。果たして成功するか。


犬飼はお正月によく食べる磯辺焼きに挑戦。“溶かす作戦”で何とか乗り切ろうと考える犬飼だが、手に持った瞬間から、音が鳴る恐怖心でため息の連続。またも犬飼の頭にタライが落ちてしまうのか。矢部にはお父さんらしく豪華な丼が。高級食材も入った絶品のお味に、ついつい気持ちが緩んでしまい……。はたして音を出さずに完食出来るのか。


そして、近未来「アバター大喜利」が復活。有名人たちがアバター姿で大喜利に挑戦。司会は矢部、ゲストは滝沢カレン。岡村もアバターとなって5人のゲストとともに大喜利に挑む。出て来るアバターはトラ、ペンギン、姫、ロボット、クッキーマン、シェフの6体。中でもクッキーマンとシェフはいずれもM-1王者で、新級王者対決が実現。最初のお題「こんな卒業式は絶対嫌だ」では、明るくて愉快な方とクッキーマンに滝沢が好感触。


映像アテレコ大喜利は「デヴィ夫人が初めて神社でお参り、一体何をお祈り?」というお題に合わせてアテレコする事で、爆笑回答が続出。しかし、ペンギンの後付けの多い回答には矢部からダメ出しが。「あいうえお作文」では、芸能人の不祥事ネタに斬り込んだシェフが「私も人のことを言えたタイプじゃない」と爆弾発言。いったい誰?そして、面白くない回答をしたゲストは素顔を晒されてしまう中、3人が残った最終決戦は、滝沢も「ものすごい戦い」と大興奮。果たしてチャンピオンになるのは誰なのか?「M-1グランプリ」王者2名、「女芸人No.1決定戦 THE W」優勝者、有名高学歴コメンテーターなど、気になるその正体を見逃さないようにしよう。


▼前回第1弾では中華料理に挑戦


■『ぐるぐるナインティナイン』

3月17日(木)よる7時56分 ~よる8時54分

(C)日本テレビ


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)