関ジャニ∞、メンバーの中で一番“進化”したのは…?「グループのためですから」

TV 公開日:2022/03/17 32
この記事を
クリップ

森永製菓株式会社は、7年目を迎えるイメージキャラクター・関ジャニ∞が出演する「チョコモナカジャンボ」の新TVCM『タイムトラベル』篇を、3月20日(日)よりオンエアする。


「チョコモナカジャンボ」は1972年に「チョコモナカ」として誕生しました。そしてこの度、新TVCMでは「チョコモナカジャンボ」を模したタイムマシンに乗った関ジャニ∞が「チョコモナカ」50年の歴史を振り返りながら時空間を旅する。時代を感じさせる1972年の初代をはじめ、次々と登場する歴代商品を興味深く見つめる5人。中央部分にチョコソースが入り、サイズは1.5倍になり、チョコがパリパリ食感に進化…おいしさを追求し続けた50年の歳月に思いを馳せていると「ってことは?」と、何かに気づいた横山が叫ぶ。「今のが一番、うまいはず!」。


撮影現場では、金色に輝くタイムマシンの上に乗り操縦桿を握った横山が「すげ~!ほんまに電気がつくんですね!」と、少年のように目をキラキラさせていた。撮影が始まると、丸山が「あ~上手」と思わず自分達の演技を称えてしまう程、メンバー全員息ぴったりの掛け合いを繰り広げる。撮影後のインタビューでは、タイムマシンに絡めた「未来のどういうところを見たい?」という質問に、村上が「この国は笑っているのか?」と珍回答。すかさず横山に「あいつ、絶対、政治家になろうとしてるよね」とツッコまれ、現場は笑いに包まれた。

<CM現場レポート>

スタジオの真ん中に設置された、金色に輝くタイムマシンに搭乗した関ジャニ∞の5人。みんなでテーマパークに遊びに来たみたいに楽しそうだ。操縦桿を握った横山は「すげ~!ほんまに電気がつくんですね!」と、少年のように目をキラキラさせていた。撮影が始まると、丸山が思わず「あ~上手」と自分達の演技を称えてしまう程、メンバー全員息ぴったりの掛け合いを繰り広げる。最初から最後まで笑いの絶えない現場で、まるで時空を飛び越えたようにあっという間に終了時間が来てしまった。


1/4ページ